こめかみグリグリ、居残り給食……。懐かしき小学校時代のおしおき




「忘れ物をしたら、廊下にバケツを持って立たされた」など、小学生時代にあったおしおきの数々。実際に体験したおしおきについてアンケート調査を行い、皆さんにうかがいました。



調査期間:2012年3月9日〜3月14日



アンケート対象:マイナビニュース会員



有効回答数:960件(ウェブログイン式)



■耳を持って持ち上げられる子がいた



その昔、学校で悪さをすると、先生たちに当たり前のようにたたかれたものです。



「手の形をした板でお尻をぶたれる」(24歳/女性)



「バインダーで思いっきり頭をたたかれた」(31歳/女性)



「左右のこめかみを、げんこつで挟みグリグリされる」(40歳/男性)



「両手で同時にほおをたたかれる通称『サンドイッチ』」(32歳/男性)



というものから、



ハードになると、



「耳を持って、持ち上げられている子がいた。あれって、今考えても恐ろしい」(25歳/女性)



「先生の質問に答えられないと、生徒同士の頭と頭をゴツンとぶつけられたり、ほおをつねられたり、あごをつかまれてお説教。先生の前に立たされて順番にお尻をけられる」 (26歳/女性)



などのおしおきが日常茶飯事に行われていたようです。



■女子の手を握らず、ビンタされた!



「授業中にしゃべっていて廊下に正座させられました」(27歳/女性)



廊下のひんやりとした冷たさ、なんとなく覚えていませんか。



「好き嫌いが多くて給食を全部食べられず、下校時間までそのまま残された」(31歳/女性)



掃除の時間まで食べさせられていた人、確かにいました。



「体育祭のフォークダンスの練習のとき、恥ずかしくて女子の手を握らずにいたら先生が飛んできてビンタされた」(34歳/男性)



思春期のデリケートな気持ちをもう少しくんでくれてもいいような気が……。



たたく以外にも、



「授業中おしゃべりをしている子に、チョークを投げる先生がいた」(29歳/女性)、



「給食の牛乳を担任から投げられたことがありました」(27歳/女性)



と、意外な物を投げられるパターンもありました。



■反省文を5・7・5で書かされる



そのほかにも、



「チョークでほっぺたにバツを書かれた」(27歳/女性) 、



「鼻に赤いインクをつけられた」(28歳/男性) 、



「うるさい人には口にガムテープを貼(は)る」(33歳/男性)、



「忘れ物をした人や宿題をやってなかった人が、担任の先生の伸びかけのひげで、『ひげじょりじょり』という攻撃をくらう。ほおずりするだけだが、本当にイヤ」(29歳/女性)



など、苦い思い出がポンポンと飛び出します。



また、当時はきつかったけれど、



「スクワットをさせられる」(29歳/女性)、「校庭を走らされる」(29歳/男性)、「友達とふざけていて、廊下のぞうきんがけを10往復させられた」(30歳/女性)



などは、今思えば、ヘルシーなおしおきです。



少しユニークなおしおきでは



「国語の宿題を忘れたとき、5・7・5で反省文を書きなさい、と言われました。下手に長い反省文を書くよりすごく大変でした」(30歳/女性)



「3回忘れ物をしたら、教卓の前で一発ギャグ」(23歳/女性)、



「忘れたものをみんなの前で言わされ、最後に『もうしません』と言わなければならない」(28歳/女性)



「体育の授業に遅れて行ったとき、グラウンドから校舎に向かって大声で自己紹介させられた」 (30歳/男性)



「おしおき」にも、笑ってしまうものからシリアスなものまでさまざまな方法があるようです。皆さん、情報をありがとうございました。



(蘭 景×ユンブル)