ペット販売会社による、動物用医薬品の販売がついにスタート

写真拡大

AHBは、動物用医薬品店舗販売業許可を取得し、東京ウエルネスセンター(東京都江東区新木場1-12-18)内に「Bio Plus Pharmacy(バイオプラスファーマシー)」を開局。

同社が展開しているペットショップ「PetPLus(ペットプラス)」の店舗をはじめ、取引先であるブリーダーに対して動物用医薬品の供給販売を開始した。

同店を開局したことにより、同社の獣医師の処方せんのもと、管理薬剤師による適切なアドバイスとともに動物用医薬品の販売が可能になった。

遠隔地に住んでいる人や、近くに動物病院がないブリーダーにも、動物用医薬品を届けられる。

同社は、犬・猫の繁殖研究や、ブリーディングシンポジウムの開催、ブルセラ病の撲滅活動などを通して、ブリーダーを支援している。

今回の動物用医薬品の供給販売も、ブリーダーの支援体制の強化の一環という。