『宇宙戦艦ヤマト2199』、デスラー総統は山寺宏一が担当

写真拡大

第一章のイベント上映が好評のうちに幕を閉じ、来る6月30日に第二章「太陽圏の死闘」のイベント上映を控えるアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』。

本作の主要キャラクターであるデスラー総統ことアベルト・デスラーのキャラクターボイスを山寺宏一が担当することが決定した。

日本声優界屈指の名優である山寺宏一。

「デスラーを演じる喜びとプレッシャーを同時に感じています」という山寺から寄せられたメッセージを紹介しよう。

■山寺宏一からのメッセージまず「デスラー」のお話が来たときには本当にびっくりしました。

実は「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」で古代進を演じていましたから、今回の「宇宙戦艦ヤマト2199」でお話をいただいた時も、古代の役なのかなと思ったのですが、まさかの「デスラー」でしたね(笑)。

今は「デスラーを演じることが出来る」という喜びと、「デスラーに恥じない演技をしなければいけない」というものすごいプレッシャーを同時に感じています。

第1作のヤマトを見たのは中学生のときでした。

「デスラー」は本当に大好きなキャラクターでしたので、今回演じることが出来て本当にうれしいです。

やりがいのあるキャラクターをいただけたと心から感じています。

いよいよ大航海のスタートラインに立つヤマトを描く第二章「太陽圏の死闘」。

古代進が、兄・守が指揮した「ユキカゼ」の残骸を発見する胸に迫るエピソード。

ファン待望のデスラーが初登場。

ヤマトが初のワープや波動砲発射を実施。

反射衛星砲やガミラス冥王星基地を巡る攻防など、より激しい戦闘シーンが展開。

などなど、「ヤマト」ファン待望の展開が満載の第二章「太陽圏の死闘」は、6月30日より上映開始。

上映館などの詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

なお、第二章を構成する第3話〜第6話を収録したBlu-ray&DVDの第2巻は2012年7月27日の発売予定となっているが、6月30日からの上映期間中、上映館では「第2巻 劇場限定版 Blu-ray」として数量限定で先行販売される。

劇場限定版には特典として絵コンテ集が用意されるので、こちらも注目しておきたい。