賃貸物件の成約数は前年同月比5カ月連続増 - 4月期首都圏

写真拡大

不動産総合情報サービスのアットホームは、全国不動産情報ネットワークにおける、2012年4月期の賃貸物件の物件登録数・登録賃料、および成約数・成約賃料について発表した。

前年同月比は3.3%増加し、5カ月連続のプラスとなったものの、前年のマイナスをカバーするにはいたらなかったという。

4月の首都圏の居住用賃貸物件成約数は20,734件。

前年同月比は3.3%増加し、5カ月連続のプラスとなった。

千葉県が18.2%の大幅増に、東京23区が12カ月連続、埼玉県が11カ月連続の増加となっている。

カップル向けマンションが全エリアで好調だったとのこと。

一方で、神奈川県ではシングル向けマンションがふるわず、5カ月ぶりに減少。

東京都下ではシングル向けアパートが大幅減となり、3カ月ぶりに減少に転じた。

首都圏全体では前年同月の減少幅(4.9%減)をカバーすることができなかったという。

平均賃料は、マンション・アパート、新築・中古を問わず下落。

特にマンションの下落が顕著となっており、23区の新築の下落率はファミリー向けの減少で10%を超えたという。

また、23区では、新築アパートについてもほかのエリアが堅調ななかで10%近く下落しており、市場に偏りが見られるとのこと。