プロに聞くTOEIC勉強法 敵を知ればおのずと方法は見えてくる - ヒロ前田

写真拡大

年9回実施されるTOEIC公開テスト。

英語力を向上させ、なんとかスコアアップをはかりたいが、その学習方法が分からず模索している人も多いのではないでしょうか。

今回はTOEICテスト指導者養成トレーナー、受験力UPトレーナーでもあるヒロ前田氏に効果的な攻略法について伺いました。

―TOEICをスタートする人にとって、最初に考えなければいけないことは何でしょうか? それぞれの環境によって異なると思いますが、何らかの理由でTOEICを受けることになったとすれば、まず指示した相手が何を考えているかを把握しなければいけません。

会社の指示であれば、社長や人事部長の言っていることをよく聞いてみてください。

確かに点数について何点取れと言っているけれども、本当に求めている人材は点を取った人でなくて、その力を生かして海外で現場を統括できる人材、ということもあります。

社会人であれば、物事を俯瞰(ふかん)して考えなければいけません。

短期的なゴールが特定のスコアだとしても、そこにたどり着くプロセスをどう取るかどういう道を歩むかによって得られる結果は違います。

英語を使って仕事をすることをにらんで、TOEICを推奨しているのです。

まずは、どうしてTOEICを受けるのかという目的を理解することですね。

―目的を考えつつ点数をアップさせるための方法を教えてくださいTOEICは自分が今持っている実力を測る測定テストであり、体力測定と同じたぐいのものです。

だから、測定テストを攻略する人なんて本来はいないはず。

ただ、点数を取ることをゴールとするのであれば方法はあります。

手を付けるべき学習というのは、敵の姿を知りリハーサルを繰り返し、自分の弱点を知る。

あとはターゲットにたどり着くためには、どういう状態でなければいけないのかを考えることです。

具体例を出せば、TOEICは、リーディングセクションが75分間与えられて100問あります。

何も考えず受験した人は、時間が足りずおそらく80問くらい解ければいい方ですが、作戦を立てて臨んだ人は100問解答でき、当然正答数も増えるのでやらなかった人に比べると高い点数になります。

つまり、勝つためには敵の姿を知ってリハーサルをすることが大切です。

敵の姿がそこにあるのに研究しない方が間違っているのです。

社会人であれば、最低限やらなきゃいけないと僕は思います。

また、600点を目標とするのであれば、各セクション100問のうち、それぞれを62%以上を取っている状態であればいいわけです。

であれば、3割、4割は捨てていいいのだから、自分がエネルギーを集中するのはココだと狙いを定めてその練習ばかりする。

点数を取るには、その方法が一番早いですね。

―伸び悩んでしまったときの突破法はありますか?伸び悩むというのは、本人がやっているつもりになっているだけで実は身になっていないことが多いのです。

英語には、成果が出やすい学習スタイルがあるから、自分にあった方法を見つけることが大切です。

これはTOEICも同じで、間違ったスタイルの上にどれだけコンテンツを載せても結果は出ません。

伸び悩んでいる人の話を聞くと、成果が出ないやり方をずっと続けている人が多いのです。

なぜ続けるかと言うと、前の年は攻略法を学んで点数が上がったから。

取れるべき点を取るまで急カーブで点数が伸びたから、きっとこのやり方が正しいと思い込んでしまいます。

だから、根本的な英語力を伸ばすべきなのに同じ思想のもとでコンテンツだけをクルクル変えて勉強した気になってしまう。

テキストだけを変えてもダメなんです。

力を付けた人というのは、取り組むことが学習じゃないと分かっています。