年収1000万円オトコのような「姑息な手段」は使わない

写真拡大

モテるオトコの条件といえば、高身長、高学歴、高収入と言われる。この中で、ひとつだけ結婚の条件にあげるとしたら、やはり「高収入」ではないか。結婚とは生活であり、生活にはおカネが欠かせない。

でも、おカネをたくさん持っている男性であれば、いつ誰とでも結婚できるかといえば、そうでもないらしい。高い収入を稼げるということは、それに伴う性格上の長所や短所があるのだ。

幻冬舎Webマガジンの「年収1000万円でも結婚できない男たち」というコラムには、1000万円どころか、年収2000万円でも結婚できない男性のタイプが紹介されている。

意思決定がスピーディで、お断りの説明も潔い

筆者の官能小説家・渡辺ひろ乃さんは、自身の結婚生活が破綻した後、再婚相手の条件として年収を1000万円以上に設定し、婚活を行っている。

そこでさまざまな男性と関わりをもった結果、ある結論に至ったという。それは、年収1000万円の男性と2000万円の男性では、明らかな違いがあるというのだ。

年収2000万円の男性たちは、白黒が非常にハッキリしている。「時は金なり」を常に意識しているのか、日時の決定もスピーディだ。お誘いのメールに対しては、

「ボクは平日の夜はいつでもOKです。水曜日の夜に青山あたりでいかがですか? 美味しいお店を知ってますので。来られる時間を教えてくれたら早速予約しますね」

と、一発で用件が完結する返事。面会申込みへの承諾もすばやく、断る場合も、

「現在、他の女性とメールのやりとりを始めたばかりです。上手くいくかどうかは分かりませんが、まずは現在のご縁を大切にしようと思いますので、今回は失礼します」

と明確な理由を述べ、潔いことこの上ない。

それに比べると、年収1000万円前後の男性たちは見劣りがする。とりあえず多くの女性をキープしておこうとして、イエスやノーをはっきり示すことなく、ステディな相手が見つかるまで複数の女性たちとあいまいなやり取りを続けていく。渡辺さんはこれを「姑息な手段」と断じている。

自己実現を優先してきたから「高収入」だった

とはいえ、そんな高収入オトコの「潔さ」は、別の顔の裏返しだったりする。子どもと2人暮らしの渡辺さんが、平日の夜間は外出できないと言っているのに、

「ああ、じゃあ、ボクが水曜の夜にご自宅まで迎えに行きますよ。その方が車の中でも話せますよね。それでまずは青山のバーに行きましょう。フェラーリとか好きですか?」

と返事が来て、事情を説明してもなかなか理解してもらえない。ちなみにこの男性、古物商経営で年収2000万円以上、50歳、5回の離婚歴あり、なのだそうだ。

考えてみれば、前述の男性の返事も「平日の夜はいつでもOKです」と言いながら、「水曜日の夜に青山あたりで」と時間も場所も限定している。なにげなく強引である。

渡辺さんは、男性のタイプを「自己実現優先型」と「奉仕型」に分け、年収2000万円以上の婚活男性の9割以上が前者であるという。そうしてきたからこそ、それだけの高収入が得られたのだから、外野がとやかくいう必要はない。

ただ、結婚相手としてどうかと言われれば、渡辺さんでなくてもNOという女性は多いのではないか。奉仕して欲しいとは言わないが、自分さえよければ妻子のことなど何とも思わず、カネさえ渡せばいいと考える人と、人生を共に過ごしたいとは思えない。

低年収でも普通の男性と結婚した方が、月並みでも幸せな結婚生活を送れそうではないか。もっとも、年収2000万円以上でも、他人を愛せる人がごくわずかでもいるならば、そういう人たちとの出会いにちょっと希望を見出してみたい、と思わなくもないのだけれど…。(池田園子)