皆さん、こんにちは。自分で言うのもなんやけど、「採用の神さま」小畑重和です。

 日本の就職活動は「5月をもって、おおむね終息する」というのが世間の感覚です。ということで、昨年9月末から始まったこの連載も終盤を迎えてきました。

 そこで今回は、「5月におおむね終息する」というのは本当か、この時期における学生の就活実態を探っていきたいと思います。

4月選考開始の会社は
採用活動が5月でほぼ終息

 まずは過去に取材をしたり、かつての同志が採用をしている企業6社に、「13卒採用は終了しましたか?」と聞いてみました。以下、回答です。

●通信S社
「まだ終了しておりません。現在、一般職(アソシエイト職、販売職の地域限定職種)を中心に、採用活動を続けている状況です」

●人材系L社
「採用は今も継続しております。途中から採用人数を増やしたこともあって、5月いっぱいくらいまでは実施していく予定 です。また今年は、近年稀にみるレベルの高い人材が確保できている感覚です。ただ、人数については当初予定まではいけるかと思いますが、目標を上回るのはどうかな?というレベルです」

●IT系G社
「いわゆる13卒採用は概ね終わっています。『概ね』と言ったのは少数継続しているためです。例えば、選考が全般的に遅い芸大・美大対象の職種、数名目標がショートしている職種では継続しています。また全職種で、優秀な人であれば就活ピーク時期に限らず通年採用しますし、入社も受け入れています。ですから、毎月2回ES締切日を設定しています」

●人材系R社
「13採用は終了しました。4月27日に終了。これ以降の活動の予定はありません」

●IT系R社
「総合職、開発職ともにまだ終了していません、6月いっぱい活動予定です」

●IT系D社
「通常の13採用の新規エントリーは終了しました。ただ、当社では通年採用を実施しているので、 1年間を通してエントリーすることが可能です」

 S社の一般職採用以外は、言葉は違えどもニュアンスとしては「ほぼ終了」と言ってよさそうです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)