西日本最大級の駅ナカ商業施設「エキマルシェ大阪」 今秋開業へ

写真拡大

 西日本旅客鉄道が、同社の手がける最大規模の駅構内商業施設「エキマルシェ大阪」を10月下旬(予定)に開業する。JR大阪駅の改良工事により、2011年3月31日に閉館した桜橋口(西口)の「ギャレ大阪」跡地を再利用。活気や賑わい感のある「マルシェ(市場)」をイメージした施設内で、ファッションをはじめ、コスメや雑貨、飲食など4つのゾーンに約80店舗のショップを集積する。 西日本最大級の駅ナカ施設 今秋開業への画像を拡大

 「エキマルシェ大阪」は、延床面積が約7,200?で、店舗面積は約4,500?。衣料品と雑貨を揃えたファッションゾーンをはじめ、コスメ・雑貨ゾーン、惣菜やスイーツ、ベーカリーなど多彩な商品構成で「選ぶ楽しさ」を提供するグルメゾーン、朝から夜まで多用なシーンで利用することができる飲食ゾーンで構成。日常的に大阪駅を利用する人々をターゲットに、普段使いとしても気軽に立ち寄れる"デイリーニーズの一番店"を目指す。また、「LUCUA(ルクア)」や「JR大阪三越伊勢丹」が出店するノースゲートビルディング、大丸梅田店が入るサウスゲートビルディングなど、大阪駅の南北に隣接する各商業施設との相乗効果を発揮することで、2011年5月に全面開業した同社運営の「大阪ステーションシティ」の魅力を発信する。