バナナリパブリック×トリーナターク 彩やかな夏の限定コラボ日本発売

写真拡大

 「BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)」が5月24日、カリフォルニア出身のデザイナーTrina Turk(トリーナ・ターク)とコラボレーションした限定コレクションを日本で発売した。Trina Turkを象徴するプリントと、「BANANA REPUBLIC」が得意とする肩の力が抜けた上品なスタイルを融合し、アパレルや小物などリゾートライクのアイテムを展開。プランタン銀座店のみで販売している。 バナリパ×トリーナ・タークの画像を拡大

 限定コレクションでは、リゾート地として知られる、南カリフォルニア・パームスプリングスのライフスタイルから、開放的で洗練された夏を表現。大人の女性のサマーウェアがデザインされた。日本では、ドレス(14,000円〜18,000円)を5点、ブラウス(11,000円〜13,000円)を6点、その他スイムウェア(9,000円)やピアス(6,800円)、クラッチ(14,000円)など、約30点を発表。アイテムには全て、Trina Turkオリジナルのプリントが施されている。 「BANANA REPUBLIC」のクリエイティブディレクターSimon Kneen(サイモン・ニーン)は、限定コレクションに対し「私自身、南カリフォルニアのクールでモダンな空気感には常に感情をゆすぶられており、そのエッセンスを私たちの夏のコレクションに取り入れたいと思っていました」と発表。 またTrina Turkは、「カラフルで私らしいアイテムをバナナ・リパブリックのお客さまに提供できることをとても嬉しく思います」 とコメントしている。 Trina Turkは、異文化が融合したカリフォルニアの建築物や風景をベースに、上品で明るく開放的なコレクションを提案しているブランド。1995年にスタートし、ウィメンズアパレルをはじめ、メンズアパレルやスイムウェア、ホームウェア、ハンドバッグ、ジュエリーを展開。現在は、ロサンゼルスなどに直営7店舗と、イーストハンプトンに期間限定ポップストア、パームスプリングスに宿泊施設を併設したストアを構えている。