本当に楽器を演奏しているかのようなリアル感!! 本格的なバンド演奏ができるiPadアプリ「Rockmate」

写真拡大

本日ご紹介するのは、ロッカーな乙女にオススメの「Rockmate」というiPadアプリ。

なんと「iPadを音楽スタジオに変えてくれるアプリ」なのだそうです。ひとつのiPadで最大4人が同時にキーボードやドラム、2本のギターを演奏できるというからスゴいですよね。もちろん曲を作り、記録することも可能。iPadの画面が楽器ごとに4分割されていて、本当にスタジオにいる感覚になります。

しかもプレイ自体もとても簡単。ネット上にアップされている映像を見ると、置いてある楽器を普通の演奏と同じように触っていく(演奏する)だけ。その楽器の動きがまたリアル感満載でたまらない! まったくもって「本当に弾いている」としか言いようがないのです。

楽器のカスタマイズも自由自在に可能です。オープンチューニングはもちろん、72ものコードがあるギター、7つものドラムキット、8つのキーボード音など、そのときどきの気分に応じて色々と変更しながら遊んでみたくなりますね。

Rockmateの主な特徴をまとめてみました。これが¥250で購入できるなんて信じられない気持ちです。

・本物っぽいデザインと動きをしてくれる
・高品質の楽器が置かれている
・録音機能がある
・1つのアプリで1度に4人が利用できる
・リアルタイムの演奏をループ再生しながら、さらに次々と演奏をダビングできるリアルルーパー機能が付いている
・光とカスタムサウンドのメトロノームが付いている
・ギターのオープンチューニングができる
・コードやキーボードの形式など自分のやり方を保存できる
・演奏をエクスポートできる
・Facebook、サウンドクラウド、iTunes、メールなどで共有できる

もしひとりの場合は、4つのトラックを録音・ループ再生することができるアプリ「ルーパー」というものを使えば演奏できます。バンドを組んでいる人であれば個人練習したいときにはもってこいかも。しかしそれよりも、普段音楽をたしなんでいない人たちが、いきなり4人集まって「即興演奏」をしてみるのも趣深いかも知れませんよ。

(文=池田園子)

参照元:Fingerlab(http://goo.gl/N8rfm)


この記事の動画を見る