アシックス、ロンドンオリンピック直前に世界最大ストアを出店

写真拡大

 アシックスが、英国ロンドンに世界最大の旗艦店「アシックスストア ロンドン オックスフォードストリート」を、6月末を目処にオープンする。7月27日に開幕するロンドンオリンピックを前に、既存のロンドン旗艦店「ASICS STORE LONDON(アシックスストアロンドン)」に続く2号店として出店。さらに、5月末から10月にかけ、スウェ―デンのストックホルム、スペインのマドリッドやバルセロナにも、順次出店が計画されている。 アシックスの最大店舗がロンドンにの画像を拡大

 アシックス8店舗目の旗艦店「アシックスストア ロンドン オックスフォードストリート」は、ヨーロッパで最も人通りが多いといわれているオックスフォードストリート沿いに位置する。「ASICS STORE LONDON」の2倍となる店舗面積に、ランニングを中心としたテニス・クリケット・ラグビーなどの商品を展開。現地点では、2011年1月にオープンした「ASICS STORE AMSTERDAM(アシックスストアアムステルダム)」が約550平方メートルと最大だが、「アシックスストア ロンドン オックスフォードストリート」は約650平方メートルで、世界最大店舗として位置付けられる。初年度の売上目標は、約202万USドル(約1.7億円)。 アシックスは、2011年9月に南米初出店となる旗艦店「ASICS STORE SAO PAULO(アシックスストアサンパウロ)」を、ブラジル・サンパウロ市内にオープン。店舗面積410平方メートルにランニング用シューズやウエアなど幅広く展開し、初年度の販売目標は約216万USドル(約1.7億円)を掲げている。また、2012年2月には、日本国内の旗艦店「ASICS STORE TOKYO(アシックスストア東京)」が東京・銀座のNTTビル1階に移転。約216平方メートルの店内では、前店舗から引き続き、ランナー向けに更衣室やロッカー、シャワー室を貸し出すサービスが実施されている。