【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「水晶の龍」

写真拡大

野球拳が楽しめる?

(画像:YouTubeより)
©スクウェア

「水晶の龍」は1986年にDOG(現 スクウェア・エニックス)からファミリーコンピュータ版としてリリースされたアドベンチャーゲームです。

ゲームは主人公の少年ヒュー・ルーカスが水晶の龍にさらわれた美少女シンシアを救出することが目的です。

ゲームというよりデジタルコミック的な感じでアニメシーンやグラフィックも漫画家の佐藤元さんが原画、ガンダムシリーズで有名な日本サンライズがアニメシーンを作成していたと言う事でも話題になりました。

そのためグラフィックについては当時のトップクラスの美麗さだと思われます。

また、アイコンによるデバイスを採用していたのもユーザーフレンドリーであったと思われます。
水晶の龍 エンディング (Crystal Dragon for NES : Ending)


この「水晶の龍」を語る上で欠かせない裏技、シンシアと野球拳が出来るというのはウソ技です!

※ゲーム雑誌「ファミリーコンピュータMagazine」に掲載された裏技コーナーの中のウソの裏技です。

但し、このシンシアと野球拳のウソ技掲載のおかげで「水晶の龍」の売上が急上昇、在庫が完売したというのは秘密です。


【ライター:清水サーシャ】