原宿で一世風靡した20471120の「ヒョーマ君」復活

写真拡大

 「20471120(トゥオーフォーセブンワンワントゥオー)」のマスコット的キャラクター「HYOMA(ヒョーマ/通称:ヒョーマ君)」が、「OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」、「Ciaopanic(チャオパニック)」のトリプルコラボレーションにより約10年ぶりに日本で復活する。「20471120」は1990年代に原宿のストリートを席巻したブランド。「HYOMA」がデザインに取り入れられたデイパックと3WAYショルダーバッグがラインナップし、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で先行受注販売がスタートした。 原宿で一世風靡「ヒョーマ君」が復活の画像を拡大

 「HYOMA」の復活は、「20471120」の元デザイナー中川正博氏と「Ciaopanic」プレスの井上高志氏が偶然出会ったことから生まれた企画。原宿で一斉を風靡した「20471120」の熱烈なファンだったという井上氏が、「何か面白いことが出来ないか?」と持ちかけたところからスタートしたという。アイテムは、デイパック(18,900円)と3WAYショルダーバッグ(16,800円)の2型。どちらも黒のコーデュラナイロン素材が使用され、「Ciaopanic」仕様の「HYOMA」のピンバッチやワッペンが取り付けられた。バッグのインナーには、アメコミタッチの「HYOMA」が描かれている。先行受注販売の受付期間は5月31日までで、発送は8月上旬を予定。店頭入荷は7月中旬以降が予定されている。 「20471120」は、1992年にNAKA(中川氏)とLICA(リカ)が「BELLISSIMA(ベリッシマ)」を設立後、1994年にブランド名を「20471120」と改称したことからスタートしたブランド。「アート・モード・キャラクター」をコンセプトに、個性的なフォルムやデザインのウェア、アクセサリーを展開。サーカステントや遊園地を会場にユーモラスなコレクションを発表するなど話題を集め、原宿のストリートを中心に人気を集めた。その後ブランドは終了したが、2003年からは「HYOMA」のブランドライセンス事業が香港を拠点にスタートし、台湾やマカオなどアジア圏で展開されていた。■問い合わせ先 チャオパニック 原宿店 TEL:03-5774-7941 http://ciaopanic.com/