ソニーより、2011年11月11日に発売となったヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」の注文受付が一時停止となった。
 
理由としては、現在も予想を上回る注文が相次ぎ、生産の要望に追いつかない状況が続く為とされている。

今後さらなる製品の増産を行い、注文受付の再開に務めるとのこと。

「HMZ-T1」は、世界初のHD有機ELパネルが搭載された3D対応のヘッドマウントディスプレイで、極限まで深い黒が生みだす「高コントラスト」、自然な映像を描き出す「色再現性」、動きの速い映像をなめらかに映しだす「動画応答性」など、あらゆる面で高い品質を誇っており、見た目のインパクトも含めて話題を呼んでいた。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”「HMZ-T1」のご注文受付一時停止に関するお知らせとお詫び