5月25日は「主婦休みの日」。「家事に関する妻と夫のホンネ」アンケート

写真拡大

女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社は、「主婦休みの日応援・夫と家事に関するアンケート」を実施した。

2009年に日本記念日協会に申請、認定された「主婦休みの日」は、日ごろ家族のために家事をがんばる主婦がリフレッシュしたり、家事の大切さを家族で分かち合う日。

「主婦休みの日」を取るためには、夫の協力が不可欠ということで、同アンケートは、気持ちよく夫に家事を手伝ってもらうために行われた。

アンケートは、リビング新聞公式ウェブサイト「えるこみ」で、4月5日〜9日と4月12日〜15日の2回に分けて実施し、有効回答数はそれぞれ、672名と623名であった。

夫が家事を手伝ってくれる、その内容は「ゴミ出し」(59.0%)や「食器を洗う 」(48.1%)、「食器をさげる」(46.5%)などが多数。

「夫の方が得意」だと妻が思う家事である「部屋の掃除」(16.1%)や「料理」(14.6%)などは上位に入らず、夫の家事参加に必ずしも満足しているとはいえないようだ。

そのなかで、「お風呂の掃除」は、夫の手伝う家事の2位、夫の方が得意だと思う家事のトップとなり、両者のギャップが少ない家事といえる。

夫の協力を得るため、主婦も“手練手管”を駆使している様子がうかがわれる。

もっとも効果的なお願い方法は、4割弱が「下手に出る」(38.7%)、続いて「自尊心をくすぐる」(26.2%)、「具体的におねだり」(24.6%)となり、昨今の女性上位の風潮とは正反対の結果に。

 成功もあれば当然失敗もある、ということで、「この言い方で失敗した!」というケースのトップ5も紹介している。

1位となったのは「命令口調で言う」の40.1%。

続いて、「夫が疲れているときに言う」(39.6%)、「やって当たり前という態度で言う」(36.6%)が上位にランクイン。

やはり、相手の気持ちを思いやる言い方や態度は、大切なようだ。