社内で先輩OLたちを敵に回しちゃって、陰湿なイジメを受けていませんか?彼女たちにカワイがられる5つの方法を伝授します

写真拡大

 若手男性社員にとって、先輩OLとのつきあい方は悩みのタネ。しかし、一旦気に入られれば、何かとえこひいきしてくれることもある。

 都内に勤める135名の20代OLに、「カワイイ若手社員にどんな配慮やひいきをしたことがあるか?」と聞いたところ、「上司に『彼はがんばっている』と、いい報告をする」「難しい上司や取引先との間に入ってフォローする」「仕事のミスをかばう」など心強い回答が並んだ。極めつきは「自分の不倫相手である役員に彼のいい評判だけを伝え、同期で一番早く出世させた」というものまであった。

 こんなオイシイ思いをするためにはどうしたらいいのか。先のOLへのアンケートを参考に、カワイがられる後輩社員の5つの習慣を以下にまとめた。

●挨拶が爽やかで、打てば響く
【損害保険・27歳】後輩のTクンが相づち名人。絶妙な間で「ええっ!」とあおってみたり、「へぇ」と感心してみたり、「そうなんですかぁ」と納得してみたり、「それマジですかぁ!?」と感嘆してみたり。女子は皆、共感してほしいので、上手な相づちはポイント高し。

●フットワークが軽く、雑用も喜んで引き受ける
【通信・28歳】残業や休日出勤を頼まれたとき、本当は嫌でも、それを一切見せない後輩はカワイイ。私が「休みの日なのに悪いね」と言ったとき、「いえ、休みの日に家にいても何もすることないですから」と笑顔で答えた後輩A。その答え、100点満点!

●先輩をさりげなく立てる
【家電・25歳】迷ったことがあると「こんなとき、先輩ならどうしますか?」と聞き、答えると「そっか、そうすればいいんですね、気づかなかった。ありがとうございます」とか「やっぱり先輩もそう思いますか。同じ意見でよかった」など、先輩心をくすぐる言葉を言えるコはカワイイ。

●OLの乙女ゴコロを刺激する
【住宅・27歳】部内にひとり、すごく褒め上手な後輩がいるんです。ヘアスタイル、ファッション、仕事ぶりなど、どんな小さな変化にも気がついて「髪の毛、切ったでしょ。似合ってます」とか「そのストール、おしゃれですねぇ」などと褒めてきます。女性を自然に褒められる男性はステキだと思います。

●常に周囲を見渡し、細やかな心遣いができる
【通信・26歳】仕事が重なってテンパっていると必ず「何か手伝いますか?」と声をかけてくれる。よく観察しているんだぁ、こういうコは将来エラくなるんだろうなぁ、と感心。

【商社・26歳】GWや出張、夏休み明けなど、決まって持ってくるお土産のセンスが抜群。その場所のオリジナルのものとかお取り寄せしちゃうようなものとか。何も買ってこないのは論外です。

(イラスト/服部元信)

【関連記事】
20代サラリーマンが最も敵に回してはいけない存在は先輩OL
“辞めさせない”ブラック企業への対処法は「とにかく退職届を出して出社しないこと」
年功序列・終身雇用が崩壊した現在では、早く転職したほうが合理的
Amazon元カリスマバイヤーが説く、若者に多い勘違い「上司をバカにするバカ」
2020年、会社内で行き場を失った“団塊ジュニア世代”問題が発生する