これは熱い!プロの写真家が撮ったスカイツリーが美しすぎる / 撮影機材も公開しているのでカメラ好きは必見

写真拡大

5月22日にオープンとなった、東京の新名所『スカイツリー』。本日は雨天で残念だが、新しくオープンしたレストランや、高さ450mにある展望台には数多くの観光客がこれから訪れることになると思うが、数カ月の間はおそらく大変な混雑が予想される。

そうすると人ごみでなかなか素晴らしい景観などを楽しむことはできなそうだが、実は既に多数のプロやカメラ好きが撮影した、スカイツリーの美しい写真が掲載されているサイトがあるのをご存知だろうか?

そのサイトの名前は、『634 ANGLES』。「Adobe Photoshop Lightroom 4」とカメラ・レンズ情報を集約した機材データベース「GANREF」のコラボレーションにより特設されているサイトで、Google mapとの連携によりその写真がどこで撮影されたか・撮影機材は何を使用しているかまで分かる、カメラ好きなら必見のサイトなのである。

もちろんプロだから相当お高い機材を使っているんでしょう? と思いきや、意外にも「キヤノン EOS 5D Mark II」などの一般的なデジタル一眼や、サイトでピックアップされたメチャメチャ美しい写真が実は数万円で購入できるお手軽なミラーレス一眼「オリンパス・ペン E-P2」で撮影されているのだから驚き。

これはアマチュアでも現像や撮影時の工夫によって同じく美しい写真が撮れるのではないかッ…!? サイト内には「Adobe Photoshop Lightroom 4」を使った写真の仕上げや管理方法についても書かれており、これから機材を揃えてカメラを楽しみたいという人にはカナリ良い感じだ。

ちなみに「Adobe Photoshop Lightroom 4」は30日間試用できる体験版がダウンロードできるので、思いっきり一日かけてスカイツリーをいろいろな場所で撮影し、体験版を使い家で美しい写真に仕上げるのもなかなか楽しそう。もちろんスカイツリーまで行くのは大変だけど、写真で景色だけでも楽しみたいという人についてもおススメである。

せっかくなので記者もスカイツリーの夜景を三脚を使って撮影し、『634 ANGLES』に投稿して遊んでみようと思う。なかなかプロ級の写真とまでは行かないかもしれないが、人に見せられるぐらい美しい写真が撮れたときの喜びは計り知れないものがあるのだ。

参照元:634 ANGLES


画像をもっと見る