日本の新名所スカイツリーのお膝元「東京ソラマチ」開業

写真拡大

 東京スカイツリーのお膝元「東京ソラマチ」が5月22日に開業した。オープン直前には、開業を待ち望んで訪れた来店客が長蛇の列。大太鼓が鳴り響くなか、20分早めて9時40分に客入れを始めた。東京ソラマチの年間売上目標は300億円。スカイツリータウンの年間来場者数は3200万人を見込んでいる。 ツリーのお膝元「東京ソラマチ」が開業の画像を拡大

 「東京ソラマチ」は、館内に下町を再現した「ソラマチ商店街」や、「BEAMS(ビームス)」、「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」など人気ブランドの新業態、土産ショップを集積した「ジャパンスーベニアゾーン」、地域の台所「フードマルシェ」まで、多彩な312店舗が出店。日本の新名所「東京スカイツリー」のふもとに位置する都内最大級の施設となる。  開業前は、「東京ソラマチ」を囲むように多くの人が列をつくった。「スイーツが楽しみ」と話す女性や「ちょうど会社が休みだったので、一番に入ろうと思って来ました」というOLなど、女性客が目立った。近隣の区から訪れたという女性はガイドブックを持参。「たくさんショップがあるようなので」と、既に下調べ済みで、「(1階の)ブースター・カフェ・レント・ア・バイシクル・バイ・スコットに行きたい。晴れてたら、自転車にも乗りたったんですけど、今日はパニーニを食べたいと思います」と話した。 「東京スカイツリー」の開業は12時を予定。開業日から7月10日まで、入館は予約制となっている。「東京スカイツリー」の年間売上目標は106億円。なお、展望台などのスタッフが着用するユニフォームは、「minä perhonen(ミナ・ ペルホネン)」のデザイナー皆川 明(みながわ あきら)がデザインしている。■「東京ソラマチ」を大解剖 URL :http://www.fashionsnap.com/inside/soramachi-all/