一気に看板建築っぽくする笠石、笠木

写真拡大

看板建築のファサードをしっかり向き合うシリーズの最終回は「笠石・笠木」です。ファサードの一番てっぺんをみると「洋風っぽく」する工夫がそこにはあります。

■ファサードの一番上は、なぜか「厚み」がある

看板建築のファサードをじーっとよく見てみようというシリーズも今回でひとまず最終回です(本業が超多忙で間があいてしまいすみません。ネタはたくさんあるんですが!)。

今回は、ファサード(前面)の装飾のうち、一番てっぺんに目を向けてみます。
看板建築の多くは、後ろは和風の建物で、斜めからみると、ファサードだけ板一枚か、ブロックひとつくらいの厚みの壁があるにすぎないのが特徴です。

しかし、板一枚といっても、「洋風っぽく」いろいろ工夫しているのが看板建築のおもしろさです。たとえば、下の写真を見てください。いくつかの看板建築のてっぺん部分に着目してみると、どれも「てっぺん部分だけ厚くしている」ということが分かります。
建物によっては、板を二枚貼り合わせただけなのでは、というケースもあるほどです(タイトル画像の物件が特徴的!)。これは何か建物の強度に影響するわけではありませんので、デザイン的に「あえて、板2枚」の厚さにしたものと考えられます。

しかし、なんでまた、「板2枚の厚さ」に仕立て上げたのでしょうか?
kanban120520_b

■笠石(ないし笠木)が洋風っぽさのカギ?

洋風の建物の上端部をいくつか集めてみたのが、次の写真です。それぞれ上端部分のアップも合わせて紹介しています。上端部分の「厚み」は、どこかしら看板建築のファサードてっぺん部分と似ていることが分かります。

これは建築用語的には笠石とか笠木と呼ばれるものですが、建物の上部について厚みを持たせたパーツが洋風の建築にはよく見受けられます。水切りの目的でつけられるものもありますが、装飾的な意味合いもあります。

日本においては、明治以降、急速に洋風建築が建ち始めたわけですが、多くの日本人はこうした建築をみて、「おお、これがハイカラな建物なのか」と驚き、またあこがれたに違いありません。

そのとき、「瓦葺きの三角屋根ではなく、四角の屋根が洋風っぽい」「一番てっぺんはちょこっと厚みがあったほうが(よく分からないけど)洋風っぽい」というイメージがあったのではないでしょうか。

kanban120520_c

■ファサードの加工は看板建築鑑賞の楽しみ

もちろん、ただの「板1枚」といったデザインの看板建築もたくさんあります。予算が足りなかった、あるいはそこまでこだわりがなかった人は「建物の正面を板1枚のように四角くすれば洋風っぽいやね」という感じで建てたのでしょう。

しかし、かなり多くの看板建築が、「てっぺんだけ厚めに」ファサードを加工しています。これは注目すべきところだと思います(といっても、看板建築マニア以外は誰も注目してこなかったわけですが)。

ここまで、ファサードのいろいろな加工を、手探りで楽しんできた大正〜昭和初期の雰囲気を楽しんできました。「ニセ柱」をつけて洋風っぽくしたかと思えば、「筆文字屋号」を誇らしげに掲げたりしています。銅板葺きで洋風耐火建築を装っているのに、なぜか江戸小紋を彫り込んだりしています。文字通り「和洋折衷」です。

看板建築の和洋折衷のごっちゃ煮の装いは、正統な建築様式ではありません。しかし看板建築ならではの楽しみです。

庶民文化としての看板建築は、重厚な煉瓦建築の産業文化遺産などと比べて、決して劣るものではありません。ぜひ看板建築のおもしろさを散歩がてら楽しんでみてください。

kanban120520_d