ナムコが生み出した機関誌「NG」©NAMCO

かつてナムコから発行されていた機関誌「NG」。30年以上前からのレトロゲームファンであればゲームセンターで一度は見たことがあるかもしれません。

1983年2月からリリースされていた「NG」、登場するゲームもナムコ関連に限定されているとはいえ、当時はゲーム関連雑誌も殆ど無く(マイコンBASICマガジンやコロコロコミック等で一部ゲーム関連コーナーがありましたが)、「NG」はそういう意味でも最新のゲーム事情を把握するために貴重な情報源でした。

創刊号は「ゼビウス」特集、ちなみにナムコが輸入したアタリ社のゲームも一部取り上げることもありました(「ガントレット」等)。

ページ数は30頁前後だったと思いますが、内容の濃さはゲーム業界随一でした。

その後、各種ゲーム雑誌等が隆盛を極め「NG」もその役割を終えたように1993年には休刊となりましたが多くのゲームファンを導き、ゲームクリエイターを輩出してきたナムコ、その機関誌は多くの人々の記憶に残る事でしょう。
「午後の国」「迷廊館のチャナ」で有名な冨士宏先生も!ちなみに冨士宏先生(ワルキューレの冒険等のキャラクターデザインで有名)の「午後の国」「迷廊館のチャナ」といった漫画作品が連載されていた本作。あいにく書籍化されていない作品も多く、「NG」は貴重な資料となっています。

※冨士宏先生は当時ナムコの社員でしたが、その後独立して漫画家デビューをなされています。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「NG」紹介webサイト