21日、韓国のニュースサイト「韓国経済」が、韓国が占領中である竹島(韓国名:独島)に本籍を移した韓国人、ホン・ソンリョン氏のインタビューを掲載した。ホン氏は竹島に本籍を置く人々の会「独島郷友会」に所属しており、同会では日本大使館前での声明発表や糾弾集会を行なっている。

記事によれば現在竹島に本籍を置く日本人は79名だが、ホン氏のように韓国内で竹島に本籍を移した人は2600人おり、その内370名は昨年本籍を移したという。

昨年、ホン氏は韓国の外務省宛に「独島に本籍を移した日本人は韓国に帰化申請をしたと解釈していいのでは?」という内容の問い合わせを行い、対日外交を重視している韓国の外務省を困らせた過去もある。

ホン氏が日本に対する敵がい心を持ちはじめたのは中学校時代。歴史の授業で閔妃暗殺事件を知るや、一時期は「やり返すべき」と考えていたこともあったという。

インタビューで、ホン氏は「平和を望めば戦争の準備をせよ」というヒトラーの言葉を引用し、強い軍事力を持つよう強調。さらに「今年の年末まで5千人の本籍地を独島に移す目標を達成する」と決意を表明している。

【関連記事】
【韓国ニュース】“キム・テヒをCMに使うな”と脅した日本の市民団体に、韓国ネット掲示板では怒りの声
日本のニュースサイト『探偵ファイル』の記者が韓国側から竹島に上陸「独島警備隊にはイケメンが多い」
韓国の国歌の映像になぜか竹島が出てくる! なぜそこまで主張する?

【関連情報】
独島守護 最大の敵は日本だと思ったが(韓国経済<韓国語>)