韓国芸能ニュースを席巻するセックス・スキャンダルが発覚した。
 
 芸能プロダクション・オープンワールドエンターテインメントの社長チャン・ソグ氏が、未成年を含む自社の練習生らに対して性的暴行を働いていたとして、5月7日に性的暴行および強制わいせつ容疑で起訴された。
 
 その渦中で社長に新たな疑惑が浮かび、日本に飛び火する気配を見せている。事務所所属の男性タレントと、日本人女性ファンとの「セックス斡旋疑惑」である。
 
 発端は、韓国大手スポーツ紙『スポーツソウル』(4月24日付)に掲載された元職員の証言だった。
 
「社長は会社所有のバンを私物のように使い、夜明けに出かけて行って、主に日本の女性ファンたちを呼び集めてソウル見物をさせていた。さらに社長は、彼女たちに事務所所属のタレントと関係を持たせた。金銭等の対価があったかは知らないが、1週間に1〜2度はやっていたし、タレントが日本に行ってそうする場合もあった」
 
 この爆弾証言は韓国で波紋を呼んだ。
 
「発言の真偽やタレントの名前をめぐって、すでにマスコミの間では様々に取り沙汰されています」(韓国の別のスポーツ紙記者)
 
 一方、日本では全く報じられていないが、一部の日本人女性ファンの間には動揺が走っている。これまでもファンの間で噂になっていたからだ。
 
 K-POPに詳しい芸能ライターはいう。
 
「この事務所がマネジメントするK-POPグループの追っかけをしていた40代のある女性は、グループのスタッフを名乗る男性と知り合いになり、『自分も含めて2人と関係を持てば、メンバーと会わせてあげる』と誘われたそうです。彼女は断わったが、女性ファンがメンバーに近づくため事務所のスタッフに接触する例は珍しくない。あり得る話です」
 
 さらにこの社長は、90個もの「大人のおもちゃ」をオフィスに常備していたことが、警察の捜査で明らかになっている。それらはほとんどが日本から輸入したモノだという。
 
「所属タレントにも渡していたそうですから、女性ファンとの間でも使用されていたのかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)
 
 日本人として、何ともやりきれない事件である。

※週刊ポスト2012年6月1日号