NIGO®東京初の写真展 ポラロイドカメラで撮影

写真拡大

 ファッション プロデューサーやクリエイターとしても活躍しているNIGO®(ニゴー®)が、東京初の写真展を6月2日より東京・中目黒の「IMPOSSIBLE Project Space」で開催する。NIGO®氏完全監修でリリースされているフィルム「Impossible by NIGO®」を使用して撮影した作品展。展示される作品をコンパイルした写真集も同日発売が予定されている。 NIGO®の写真展の画像を拡大

 2012年春にリリースされた「Impossible by NIGO®」には、長いインスタントフィルムの歴史でも初めての試みとなるマルチカラーフレームを採用。黄・オレンジ・赤・ピンク・紫・藍・水色・緑・黒・白、全10色のフレームがランダムに一箱のパックに挿入されており、なかにはNIGO®のロゴがはいったものも含まれている。「Impossible by NIGO®」を使用して撮影された写真展は、台湾で初開催。東京展はこれに続く開催となる。 IMPOSSIBLEは、SX-70などに代表されるヴィンテージポラロイドカメラで使用可能なフィルムを世界で唯一製造している。アジア拠点としてオープンした「impossible project space」では、フォトグラファーホンマタカシや佐内正史など、これまで数多くの著名な作家が写真展を開催している。