Androidスマートフォンやタブレットと連携可能になった『ScanSnap』のエントリーモデル発売へ

写真拡大




PFUは、パーソナルドキュメントスキャナ『ScanSnap』のエントリーモデル新製品『ScanSnap S1300i』を5月25日に発売します。iPhone/iPadに加えて、Androidスマートフォンやタブレットと連携可能になっているのが特徴です。

Android 2.2以降のスマートフォンやタブレットで利用できるアプリ『ScanSnap Connect Application』により、パソコンの操作なしにWi-Fi経由で直接PDFファイルを保存可能。動作確認端末はPFUのウェブサイトで確認してください。

クラウドサービスとの連携では、『Dropbox』との連携を追加。『Evernote』、『Googleドキュメント』、Salesforce』、『Sharepoint Online』、『Sugarsync』と合わせて、スキャン後に表示されるクイックメニューから保存ができるようになりました。

Windows上でフォルダとして扱える『ScanSnap Folder』が利用可能に。スキャン後のデータをパソコンに保存することなく、メール添付などアプリケーション上でファイルを利用できます。これらソフトウェア上の機能強化は、従来製品『ScanSnap S1500/S1500M/S1300/S1100』にも無償でアップデートプログラムが提供されます。

スキャン速度は、従来製品の1.5倍に向上。A4カラー、1500dpi、ACアダプターを利用したスキャン速度は12枚/分を実現しています。

本体価格はオープンで、PFUの直販サイト『PFUダイレクト』での販売価格は2万7800円(税込み)。『楽2ライブラリ パーソナル V5.0』セットモデルは『PFUダイレクト』での販売価格は3万2800円(税込み)です。


『ScanSnap S1300i』主な仕様
読み取り方式:自動給紙方式(ADF)、両面同時読み取り
読み取りモード:片面/両面、カラー/グレー/白黒/自動(カラー、グレー、白黒の自動識別)
光学系/イメージセンサ:セルフォックスレンズ等倍光学系/カラーCIS×2(表面×1、裏面×1)
光源:RGB3色LED
読み取り範囲(標準モード):サイズ自動検出、A4、A5、A6、B5、B6、はがき、名刺、レター、リーガル、カスタムサイズ(最大: 216mm360mm、最小: 50.8mm50.8mm)
読み取り範囲(長尺読み取り):863mmまで
原稿の厚さ:64〜104.7g/平方メートル(55〜90kg/連)
原稿搭載枚数:最大10枚(A4:80g/平方メートル)
インタフェース:USB 2.0/USB 1.1(コネクタ:USB Mini-B Type)
消費電力:9W以下(ACアダプター利用時)、5W以下(USBバスパワー利用時)
本体サイズ:W284×H77×D99mm
重量:1.4kg