韓国の最高裁判所は20日、当時4歳だった義理の娘に性的暴行を加え、また妻に暴力をふるった疑惑(性暴行特別法違反など)で起訴された45歳の男に対し、懲役10年と位置追跡電子装置(電子足輪)を装着すべきとの要旨の判決を下した。韓国の複数のメディアが報じた。

 韓国メディアは、「4歳の義理の娘を性暴行した父『破廉恥』衝撃」「最高裁 『義理の娘を性暴行した父に電子足輪』」などと題し、幼い義理の娘を性暴行した父親は再犯の危険性があり、電子足輪の着用が必要だという最高裁の判断が出たと伝えた。

 男は2007年当時、4歳に過ぎなかった義理の娘に性的暴行を加え、2010年まで9回にわたって犯行に及ぶとともに、妻にも傷害を負わせた疑惑で起訴されていた。

 昨年7月の1審では懲役15年と20年間の電子足輪付着命令などが宣告されたが、同年12月の控訴審では懲役10年に減刑され、電子足輪付着命令は棄却された。最高裁では、電子足輪付着命令の棄却を破棄し、事件を大田(テジョン)高裁に差し戻した。

 裁判所は「抵抗が事実上不可能な4〜7歳という年齢だった被害者を相手に長期間犯行を行った点を勘案すれば、被告人には再犯の危険性が十分にあるとの見解を示した。(編集担当:李信恵・山口幸治)