【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スプラッターハウス」

写真拡大

とある有名ホラー映画にそっくり!

(画像:YouTubeより)
©NAMCO

「スプラッターハウス」は1988年にナムコからリリースされたアーケード版のアクションゲームです。

プレイヤーはホッケーマスクを被った主人公リックとなりスプラッターハウス内にいる各種怪奇現象やモンスターと戦うという内容なのですが…。

鮮血や血しぶき、残虐な殺戮方法(斧で人体切断する等)、ホラー映画のような各種キャラクターは現在でも衝撃が走るゲーム内容でした。

※1988年頃、日本ではホラー映画が流行していたという事も本作のリリースとは無関係とは言えないと思われます。
【AC】スプラッターハウスを普通に1コインクリア


おそらく本作をプレイした人の殆どがホラー映画「13日の金曜日」のゲーム化だと思っているかもしれませんが、本作とは一切関係がありません!

とは言ってみたものの、各種キャラクターや演出はホラー映画で良く見られる雰囲気になっていますので間違えるのも無理はありません。

ちなみにナムコのゲームでここまで残虐性やホラー性を打ち出した作品は他に殆ど無いです(強いて挙げれば「女神転生?」くらいでしょうか)。

そういえば「女神転生?」にも「スプラッターハウス」の主人公らしき敵キャラクターが登場していたりします。確認して見るのも面白いかも…。


【ライター:清水サーシャ】