『第51回 静岡ホビーショー』を取材しました

写真拡大




『第51回静岡ホビーショー』を取材しました
見本市というと東京や大阪を想像されますが、模型の見本市は“模型の世界首都”と呼ばれる静岡で開催されます。『第51回静岡ホビーショー』(2012)はその静岡で開催されました。今回は一般公開前の業者入場日に取材を行いリポートにしました。

※すべての画像をごらんになれない方は、『ガジェット通信』(http://getnews.jp/archives/214841)をごらんください。

流行はトヨタ86(ハチロク)
実際のクルマも非常に人気があるトヨタ自動車の『86』と富士重工の『BRZ』のスケールモデルが田宮模型のブースで展示されていました。『BRZ』は実際の車両も展示されており非常に熱が入っています。両方の実車には特別色が用意されており、それに合わせた模型用塗料も発売予定です。


http://anews.jp/wp-content/uploads/2012/05/hobby07.jpg
▲『86』の組立後のモデル展示、専用のボディーカラーも田宮から販売予定

http://anews.jp/wp-content/uploads/2012/05/hobby08.jpg
▲『BRZ』の組立後のモデル展示、専用のボディーカラーも田宮から販売予定

東京マルイのリアルなオートバイのラジコンと新型電動ガン
モデルガン、エアガンで有名な東京マルイも魅力的な新商品を発表しています。電動ガンの『PS90HC』は秒間25発の連射機能を備えています。今回の目玉はオートバイのラジコンの『ストリートレーサー』です。実際に乗っているモデルが左右に体重移動をするので、ハンドル操作だけでないリアルなライディングがラジコンで楽しめます。

『ヘロンの反動式蒸気タービン』(斎藤製作所)
斎藤製作所が販売している『ヘロンの反動式蒸気タービン』は学校の教科書でおなじみの物です。今までは理屈でしか分からなかった古典的な機械です。これらが実際に稼働していると非常に感動的です。業者日にはデモを行わずに、一般公開日にデモを多く行う予定と話していました。


変わった展示物
田宮模型は男が好む物を出すというイメージがありますが、実は女性向けの提案もしています。キットではないですが、『スイーツデコレーション』をリアルに作ることができる粘土を販売しています。見た目は食べてしまいたくなる感じです。また、ファインモールドは愛知県庁のスケールモデルを『オトナの社会見学』シリーズで発表しています。これも意外な感じですね。


他の取材内容については以下のURLを確認して下さい。動画でインタビューをしています。
http://expo.kink.jp/2012/05/blog-post.html

『第51回 静岡ホビーショー』の一般公開日は17日(土)、18日(日)になります。
公式サイト:http://www.hobby-shizuoka.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?