東京ソラマチ®にアッシュ・ペー新業態「TOKYO10 月 H.P.FRANCE」オープン

写真拡大

 H.P.FRANCE(アッシュ・ペー・フランス)が5月18日、「東京スカイツリータウン®」内の複合商業施設「東京ソラマチ®」にオープンする新業態「TOKYO10 月 H.P.FRANCE(トウキョウ ジュウガツ アッシュ・ペー・フランス)」を公開した。H.P.FRANCEが、1984年の創立以来培ってきたクリエイター達との関係から生まれた"永遠の名作"を集約。ファッションからインテリアまで、国内外からセレクトしたアイテムでH.P.FRANCEのギフトショップを表現する。 【画像を拡大】

 H.P.FRANCEは、ファッションやインテリア、アートなど、生活と文化にかかわる事業を手がける会社。 日本をはじめ、パリとニューヨークで約90店舗のショップ、アートギャラリーを展開している。  「TOKYO10 月 H.P.FRANCE」は、「東京ソラマチ®」2階イーストヤードの出店。江戸時代から続く浅草の老舗手書き提灯屋「山崎屋源七提灯店」による提灯のディスプレイが目印となっている。店舗面積は37?。ショップ名は、アートやデザイン、ファッションなど、文化イベントが多数開催される"東京の10月"のように、世界のクリエーションが毎日楽しめる場を作りたいという気持ちから名付けられている。ショップのロゴデザインを担当するフランス人アーティストMathias ROBERT(マティアス・ロベール)が、「日本・東京」をイメージしてトートバッグ、マグカップなどを制作。 日本人作家・イラストレーターのD[di:](ディー)や、フィルムメーカーユニット「woodpecker(ウッドペッカー)」の竹内俊太郎が描くスカイツリーをモチーフにしたスノードームやキーホルダーを販売する他、「新しいジャポニズム」をテーマに人形作家mel(メル)や月影屋、文庫革など、日本人クリエイターとコラボレーションしたオリジナルアイテムを揃える。また、「TOKYO10 月 H.P.FRANCE」の制服は、H.P.FRANCEが手がけるアルゼンチン発のブランド「Tramando(トラマンド)」のデザイナーMartin Churba(マルティン・チュルバ)が制作。オリジナルのテキスタイルを使用したセットアップで、胸元にはMathias ROBERTによるロゴマークがあしらわれている。 H.P.FRANCEの広報担当者は、「H.P.FRANCE代表は、兼ねてからお土産屋を出したいという夢があった。絶対面白いショップを作るぞという意気込みで出店したお店で、ここでしか買えないものを揃えている。若い方をはじめ、観光客や年齢層の高いお客様にも来店して頂くことでH.P.FRANCEの世界観を伝えていければ」と意気込みを述べた。 ■TOKYO10 月 H.P.FRANCE  営業開始日:2012 年 5 月 22 日(火) 所在地:東京都墨田区押上一丁目 1 番 2 号 東京ソラマチ 2 階 営業時間:10:00 ‒ 21:00