東装協 第54回通常総会開催 新理事長に富澤氏

写真拡大

東京室内装飾事業協同組合は、5月16日(水)、東京・港区の八芳園にて第54回通常総会を開催、平成23年度事業報告および、カーテンラベル、カーペットラベルなどの共同購買事業をはじめ、研究会事業、新事業研究、会員増強を柱にした平成24年度事業計画案について承認した。
また役員改選も行われ、新理事長に富澤宏氏((株)睦屋・社長)、副理事長に篠田明男氏((株)シノダ・社長)、高野寅吉氏((株)高野・社長)、佐久間延泰氏(三栄装備(株)・社長)、村田栄一氏((株)ムラタ・社長)がそれぞれ就任した。
就任にあたって富澤新理事長は、「大変な時代に、河野前理事長から引き継ぎ、理事長という大役をおおせつかりました。私も当事業組合活動を25年ほどさせて頂き、組合員の減少や後継者不足、技能士の高齢化等の課題点を認識しております。組合員の皆様、また新役員の皆様のご支援を頂きながら、業界のさらなる発展のため誠心誠意努める所存でございます」と挨拶した。