【アプリ】超低確率の極悪コンプガチャアプリが登場 その名も『コンブガチャ』

写真拡大




昨今話題になっているソーシャルゲームのコンプガチャだが、それを皮肉ったAndroidアプリが登場。コンプガチャとはランダムで出てくるカードをそろえる事によりレアなカードがゲットできるというもの。この仕組みが射幸心を煽(あお)るとのことで、消費者庁により中止要請が出された。この中止要請を受けて各社は新規リリースを取りやめ、また5月中に既存のコンプガチャも中止することとなった。

そんなコンプガチャを体験できるアプリがAndroidに登場。アプリ名は『コンブガチャ』で、8つの昆布をそろえるという、射幸心煽(あお)りまくりの消費者庁激怒もののアプリである。昆布と言うだけでオタクユーザーが殺到しそうなのに、それに加えてレアカードが出にくい設定となっているという。

8つのカードは7枚のノーマルカードとレアカード1枚となっている。レアは極悪なほど低確率の出現率となっており、何十回ガチャをやってもなかなか出てこない。もちろんジョークアプリなのでガチャそのものは課金されない。無料で良かったとホッとする反面、これがもしも本物のコンプガチャだったらどうなっていたのだろうかと怖くなる。

しかし、レアは210円払えば単体で購入することもできる。こちらレアを購入したところで何の役にもたたないので、自己責任で。
『GooglePlay(旧、Androidマーケット)』にて『コンブガチャ』と検索すれば出てくるぞ。もちろんアプリも無料。

ちなみに記者はコンブリート挫折してしまった……。

レア昆布
日高昆布

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。