カワイイのルーツを探る!『もうひとつの内藤ルネ展』が渋谷PARCO MUSEUMで開催

写真拡大

1950年代から『ジュニアそれいゆ』や『なかよし』『りぼん』など、数々の少女雑誌で活躍したイラストレーター・内藤ルネ。1971年に描かれた「ルネパンダ」に代表されるような、現代にも通じる可愛らしさのあるキャラクターは多くのアーティストに影響を与えています。

一方で、同性愛者としても知られ、雑誌『薔薇族』の表紙のイラストを描いていたということでも有名でもあり、6000にものぼるという作品やデッサンは少女的なものに留まらない独自の世界観を築いています。

そんなカワイイカルチャーのルーツを探る展覧会が、2012年5月17日から6月4日まで、東京・渋谷のPARCO MUSEUMで開催されます

ディレクターを務めるのは、原宿のカリスマ的存在のファッションブランド『6%DOKIDOKI』オーナーである増田セバスチャンさん。内藤ルネの作品を元に、日本発のカワイイ文化を発信するプロジェクト『RUNE BOUTIQUE』もプロデューサーとして手掛ける増田さんは、膨大な作品群を"アヴァンギャルド""フェアリーテール""ファッショナブル""セクシャリティ"の四つのコンセプトに分けて選定。

「世に出ていない作品の中には、代表的な昭和レトロな少女画以外にも、現代の女の子の心を揺さぶるであろう魅力的にイラスト群がたくさんあり、これを見た時に衝撃を受けました。こんなに魅力的な作品をこのまま眠らせて過去のものにしてはいけないと、興奮と共に考えを一新したのです」という増田さんによって、人間の内面を描き出そうとしたもうひとつ内藤ルネの世界にスポットライトがあたることになります。

会期中には、増田さん自らによるギャラリートークツアーなども開催される『もうひとつの内藤ルネ展』。BE@RBRICK付きオフィシャルブックをはじめ、バッグやステーショナリー、ポーチといったグッズの販売も予定されています。カワイイ文化をより深く知るためには、必見の展示となりそうです。

増田セバスチャンが見つけた「もうひとつの内藤ルネ」展
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=474 [リンク]