【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「きね子」

写真拡大

グネグネ動くパズルゲーム!

(画像:YouTubeより)
©IREM

「きね子」は1986年にアイレム株式会社からファミリーコンピュータディスクシステム版としてリリースされたパズルゲームです。

イメージとしては「16パズルのようなジグソーパズルの枠のところに当てはまるピースを入れるゲーム」ですが、そのピースの絵がグネグネ動きます。そのため難易度が飛躍的に高まりコンピュータゲームならではのパズルゲームに仕上がっています。

※元々はMSX2のゲームとのことですが、原作者の詳細は不明です。「SADATO TANEDA」さんという方らしいのですが…。
きね子 (disk)


余談ですが、「きね子」のタイトルだけ見て当時のゲーム雑誌「ファミコン通信」では「きね子?なんか名前がいやらしいゲームやなあ」とか「大阪のおばちゃんが出てくるゲーム?」とか極めて前評判は悪かったです。

しかし、発売後にこの独特のアイデア・ゲーム性を高く評価され前述のゲーム雑誌「ファミコン通信」ではベタ褒めだったのは秘密です。


【ライター:清水サーシャ】