【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「デジタルデビル物語 女神転生(日本テレネット版)」

写真拡大

もう一つの女神転生!

(画像:YouTubeより)
©日本テレネット

「デジタルデビル物語 女神転生」は1987年に日本テレネットからパソコン版としてリリースされたアクションRPGです。

ここで「あれっ?」と思った方もいると思われます。実は同じゲームタイトルで1987年に株式会社ナムコからファミリーコンピュータ版のRPGがリリースされているからです。

つまり全く同じタイトルでファミコン版とパソコン版で全く内容が異なるゲームがリリースされていたのです。

※但し、どちらもゲーム開発にはアトラス(現 株式会社インデックス)が関与しているため両者の関係は密接なものにあります。

ゲーム内容はアタリ社のアーケードゲーム「ガントレット」に近い感じで主人公の中島が広大な迷宮のどこかにいる弓子を救出するために戦うというストーリーになっています。

※PCエンジン版「ダンジョンエクスプローラー」は和製ガントレットと呼ばれていますが、同作もアトラスが開発していたことを考えると日本テレネット版「デジタルデビル物語 女神転生」でガントレットタイプのゲーム開発のノウハウを掴んだというのが適切だと思われます。
PC88版、デジタルデビル物語 女神転生 OP〜GAMEOVERデモ

ゲーム内容は広大なフィールドに主人公の中島が単身乗り込み孤独な戦いを繰り広げていくわけですが、道中で僕等の愉快なお友達「ケルベロス」が仲間になります。

※ケルベロスは地獄の番犬として有名ですが、彼は魔神ロキを裏切ったことで制裁を受けます。

その後の「女神転生」シリーズでもケルベロスは物語の鍵になる僕等のお友達です!


【ライター:清水サーシャ】