エアバック・帆・宇宙服が素材 NIKEが現代アーティストとコレクション発表

写真拡大

 「NIKE(ナイキ)」が、現代アーティストTom Sachs(トム・サックス)と共同で開発したカプセルコレクション「Tom Sachs: NIKECraft(トム・サックス:ナイキクラフト)」を発表した。素材には、車のエアバッグや船のマストに取付ける帆、宇宙服などを素材として採用。国内では「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」で5月25日より販売が予定されている。 NIKEが現代アーティストとコラボの画像を拡大

 「Tom Sachs: NIKECraft」は、Tom SachsのD.I.Y.の雰囲気をナイキブランドへと落とし込んだ、職人技を駆使したカプセルコレクション。Tom Sachsによる新作展「SPACE PROGRAM: MARS(宇宙計画:火星)」の開催前日に発表された。Tom Sachsの宇宙旅行にもたらすデザイン感性をさまざまな形で融合させ、体力と忍耐力が要求される宇宙飛行士が使用する道具をイメージして制作されている。 「Tom Sachs: NIKECraft」は機能性を持たせるとともに、宇宙旅行で役立つアイテムとするため、一般的にスポーツ用品としては扱われない素材を採用。マーズヤードシューズ、トレンチ、マーズフライジャケット、そしてライトウエイトトートバッグで構成される。貯蔵容器としての機能を兼ね備えたジッパーの引き手、止血帯としても活躍するパラコード、元素周期表がプリントされたジャケットの内側など、それぞれのアイテムが目的と視覚的な面白さを兼ね備えている。 Tom Sachsは、1966年にニューヨークで誕生。1987年までロンドンのArchitectural Associationを卒業後、1989年にバーモント州Bennington Collegeで学んだ。様々なモダンアイコンを技巧に再現する彫刻家としても知られ、過去にはハローキティーをモチーフに選んだ作品や、大手メゾンの包装紙などを合わせて創ったオブジェなどを発表。彼の作品は工学とデザインに基づいた傑作と捉えられ、2006年には「PRADA」のFondazione Pradaで作品展を開催している。なお、5月16日〜6月17日にニューヨークのギャラリーで開催される「SPACE PROGRAM: MARS(宇宙計画:火星)」のインスタレーションの一環として、コレクションをTom Sachsと彼のチームが着用する予定。