『ポテチの手』の次はコレだ! 振るだけでテレビを操るリモコン『テレビの手』発売へ

写真拡大




えいっと振るだけでチャンネルを変えられる! タカラトミーアーツは、本体をタテヨコに振るだけでテレビを操作できる指型リモコン『テレビの手』を2012年5月31日より発売します。国内主要9社のデジタルチューナー内蔵テレビに対応。カラーはブルーとオレンジの2色、価格は各2100円(税込み)。

『テレビの手』は本体をタテヨコに振るだけでテレビを操作できる“魔法の手”もとい、リモコンです。2010年の発売以来、シリーズ累計20万個以上を出荷する大ヒット商品“ポテトチップス専用マジックハンド”『ポテチの手』につづく新たな“手”として登場しました。

タカラトミーアーツ『テレビの手』パッケージ
開発のきっかけは「テレビの電源を入れる、チャンネルを変えるという日常の行為に面白さとエンターテインメント性を!」そして「指先ひとつでテレビ操作するkとおで“魔法使いになる”という夢をかなえたい」思いからだそう。誰でも簡単に商品を楽しめるように、本体の仕様はボタンと切り替えスイッチのみというシンプルさで、「テレビ操作」に機能を絞り込むことで低価格を実現しました。

タカラトミーアーツ『テレビの手』使用イメージ
操作は、テレビ本体の赤外線受光部をめがけて行います。本体を上から下に振ると「電源のオン/オフ」、切り替えスイッチを「CH」にセットして左右に振るとチャンネルを1局ずつ、また「VOL」にセットして左右に振ると音量を変更可能。本体の動きに連動してサウンドが鳴るので「テレビに指示するように」動かすと、魔法使い気分が盛り上がります。

タカラトミーアーツ『テレビの手』FLS使用時
さらには「FNS(Finger Navigation System)」でテレビ操作、「FSS(Finger Skip System)」で指先についてグリップゴムで雑誌をめくる操作、「FLS(Finger Light System)」で指先のLEDで暗い場所を照らせるというおまけ機能もついています。

テレビ操作に『テレビの手』を使い、おやつのポテトチップスを『ポテチの手』で食べる――今年は、オリンピック開催もあり家族でテレビを見る機会も増えそうです。ふたつの“手”を使って遊びゴコロあるテレビライフはいかがでしょう? 本体サイズはH210×W55×D40mm、ボタン電池(LR-44×2)使用、連続使用時の電池寿命は約90分。

(C)2012 T-ARTS