【ゲームレビュー:アーメン・ノワール ポータブル】“不殺のハンター”と呼ばれる少女“ナスカ”

写真拡大

どうも『ニコニコ生放送』で顔出し放送をしているしゃけとり くまごろうです。今回のレビューは、2010年12月9日にPlayStation 2用として発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームのPSP(PlayStation Portable)でのリメイク版『アーメン・ノワール ポータブル』です。

ちなみにPSP版でのプレイが初めてなので、PlayStation 2版と比較対照はできません。


〜アーメン・ノワール ストーリー〜
幼少のころから、賞金首を駆除するハンターとして犯罪者対応企業「バウンティア」で育てられてきた少女ナスカ。コード・ネーム“アーメン・ノワール”として生きる彼女はハンターでありながら、相手が賞金首であっても人を殺すことができないために“不殺のハンター”と呼ばれていた。
ある時、戦いに敗れたナスカは医者クリムソンに助けられ、しばし穏やかな生活を送っていた。しかしある夜、ナスカのもとに、家族のいない彼女の親代わりを務めていたハンター・ソードが訪ねてきた。そしてソードは「クリムソンを殺して、バウンティアに戻れ。できなければ今度はおまえが賞金を懸けられ、死ぬまで追われる側になる」と告げる。恩人を殺してハンターとして生きていくか、ハンターとしての自分を捨てて賞金首としての過酷な生活を選ぶか。物語はここから始まる。

女性向け恋愛アドベンチャーゲームは、男性の私としてはあまり触れることがなかったジャンルです。ゲームが始まるまでは、どの様なものなのか全く検討も付きませんでした。でも実際にゲームをプレイして、ストーリーとオープニングムービーを見てから、すごく楽しそうだと感じました。


まずこのゲームは女性向け恋愛アドベンチャーゲームでありながら戦闘シーンもあり、キャラクターが戦闘で傷つくシーンは非常にリアルでした。あと特に印象に残ったのが食事のシーンで、キャラクターたちの足だけが映っているのですが、欠けたメンバーがそこに登場しないことが切なくて、悲しくなってしまいました。


それだけこのゲームには、いつの間にか感情移入してしまうほど魅力的なキャラクターが多くいます。そんなキャラクター達を紹介していこうと思います。
〜ソード〜 CV:小西克幸
バウンティアに所属する。Sクラスのナンバー1ハンター。冷静沈着で常に無表情であり、犯罪者には非常に冷酷で、賞金首から最も恐れられている存在。小さい頃からナスカを支え、ハンターとして育ててきた兄のような存在。


〜エル〜 CV:田坂秀樹
バウンティアに所属する。機械人形のAクラスハンター。機械のため感情と表情の変化がほとんどない。わずかに見える性格の片鱗は、比較的穏やかでナスカに対しては優しくふるまう。



〜ナイヴス〜 CV:吉野裕行
クリミナル11、No.9の賞金首。“女子供は傷つけない”という信条を持った、生真面目な青年。ナスカを少年だと思い戦うが、女だと気づき、怪我したナスカを最下層の病院<ファーム>へ連れて行き、責任を持って介抱をする。


〜レイン〜 CV:保村真
ファームに居合わせた青年。賞金首に憧れ、通称“CA”と呼ばれる契約召喚兵器との契約を望んでいる。基本的な性格は、短気で自由奔放。ナイヴスと揉めたことをきっかけにナスカとのファームでの生活に巻き込まれていく。


〜クリムソン〜 CV:中村悠一
最下層にある病院<ファーム>の医者。ナスカを優しく迎え入れる。温和で人当たりよく、優しい性格だが、物事の心理を見極める冷淡な部分もある。


どれも個性豊かなキャラクターで、声優さんの声も合っているので、自然とゲームに夢中になっていました。

全体的な感想としては、容赦ない戦闘シーンでキャラクターが次々に死んでいくなどシリアスな展開が多かったです。ですが絶望のなかにも希望があるストーリーにとても好感がもてました。

女性向け恋愛アドベンチャーゲームとありますが、女性はもちろん、これは男性でも普通に楽しめるゲームだと感じました。是非このレビューを読んでいる方、女性だけではなく男性の方も、これを機に購入してプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトル:アーメン・ノワール ポータブル
ジャンル:絶望の都市で希望の光を見つけるAVG
ハード:PlayStation Portable
メーカー:オトメイト
発売日:2012年4月12日
HP:http://www.otomate.jp/armen_noir_psp/
(C)2012 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

(ゲームレビュアー:しゃけとり くまごろう)