クリスチャンルブタンが化粧品開発 2013年デビュー

写真拡大

 深紅の靴底で有名なフランス・パリの高級シューズブランド「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」が、クリスチャン・ルブタン・ボーテの設立を目指し、バタルア・ビューティーと合弁事業を開始したことを発表した。「Christian Louboutin」による化粧品業界への進出は初。世界各国で2013年後半に発売が予定されている。 ルブタンが化粧品業界へ初進出の画像を拡大

 クリスチャン・ルブタン・ボーテは、複数のカテゴリーにまたがる高級化粧品の開発と販売を手がける新事業。化粧品業界への進出についてシューズデザイナーChristian Louboutinは、「化粧品業界への進出は、女性に力を与えることに喜びを感じる私のような者にとっては自然な展開です。そして、女性を美しくする化粧品を生み出すことは、次の一歩として正しいことであると感じます」と発表した。一方、バタルア・ビューティー共同創業者のロビン・バーンズ会長は、「クリスチャン・ルブタンの靴を身に着けることで、女性はまったく違う自分に変身することができます。クリスチャン・ルブタンは化粧品でも同じように女性を生まれ変わらせる力を与えてくれるでしょう」とコメントしている。 バタルア・ビューティーは、2006年に設立された美容ブランドの運営と事業開発を行う企業。共同創業者で会長のロビン・バーンズは、カルバン・クライン・コスメティクス、エスティ ローダー、ビクトリアズシークレット・ビューティーで社長や最高経営責任者(CEO)を務めてきた。一方、共同創業者で社長兼最高経営責任者(CEO)のサム・グソンは、エリザベスアーデン、ビクトリアズシークレット・ビューティー、バス&ボディーワークス、グリフォン・ディベロップメントでサプライチェーン管理担当の役員を務め、業務、調達、製造分野の専門知識を持つ。