【父の日】プレゼントを贈るなら世界にひとつだけのものがいい / 人気の「父親の名前入り焼酎&日本酒」がイイ感じ

写真拡大

2012年6月17日は「父の日」である。子どもが父親に感謝をする日であり、毎年プレゼントを贈っているという人も多いはずだ。プレゼントは「物」かもしれないが、それと一緒に心を贈ることが大切である。どんなものを贈られても父親は喜ぶかもしれないが、今年はこんなプレゼントはどうだろうか?

なんと、父親の名前を焼酎の瓶に書いて贈ることができるのである。つまり、いつもは焼酎の銘柄が書かれているラベルの部分が、父親の名前になるというわけだ。これは嬉しい。なぜならば、その名前が書かれた焼酎は、世界にたったひとつしか存在しないからである。

中身もかなり美味しい焼酎らしく、編集部で試しに受け取った焼酎の銘柄は『魔界への誘い』。ネーミングはとても奇抜だが、長時間熟成で味を極めた究極の逸品だという。しかも、黒麹仕込みで「かめ壺」で貯蔵されたものとのこと。これが美味しくないはずがない。

父の日までまだ時間はあるが、父親の名前を入れるために完全予約制で、いま現在(2012年5月)も予約することが可能だ。焼酎のほかに日本酒も選べるので、父親の好みに合わせて選ぶといいだろう。値段も2本セットが送料込みで3150円なので、無理をせずにプレゼントを送れるのも嬉しいところ(名前が入るのは2本中1本)。

記者は父親に日本酒バージョンを贈ることにしたが、母親が酒飲みなので4本(つまり2セット)を贈ることにした。こういうオリジナリティーを出せる「世界にひとつだけのプレゼント」は、贈られた側が嬉しいのはもちろんのこと、贈った側も嬉しい気持ちになるものである。
 
Photo: RocketNews24.
参照元: 選べる2種類名入れ芋焼酎


画像をもっと見る