【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スーパーマリオブラザーズ」(ディスクシステム版)

写真拡大

通常版とは一味違うスーパーマリオブラザーズ!

(画像:YouTubeより)
©NINTENDO

「スーパーマリオブラザーズ」は1985年に任天堂からファミリーコンピュータ版がリリースされたアクションゲームです。

本作は任天堂の顔とも言うべきマリオさんの出世作であり、本作自体がファミリーコンピュータの人気を不動のものとしたといっても過言ではありません。

ゲーム内容は詳細はあえて説明しませんが、一定時間内にマリオさんをゴールまで通過させるという内容で、そのアクションゲームとしての面白さは今なお色褪せません。

とここまでは「スーパーマリオブラザーズ」通常版の説明ですが、1986年にリリースされた「スーパーマリオブラザーズ」ディスクシステム版では特殊なステージが存在しています。
(バグ)ディスクシステム版スーパーマリオブラザーズ -1面

一般的には「-1」面と呼ばれるステージ。実はバグ利用で到達出来るのですが…。

※「1-2」の終盤近くの土管周辺のブロックをバグ利用ですり抜けると「-1」面に移動出来ます。

そこでは見た目は地上面なのに水中面の操作方法になっていたり、ピーチ姫やクッパ大王がコース途中にいたりとかなり特殊でした。

「スーパーマリオブラザーズ」には裏技が多数発見されていますが「-1」面はゲームとして普通に成立することから、ファンの中でもかなりの話題になりました。

※ちなみに「スーパーマリオブラザーズ」のバグ利用面の殆どがゲームとして成立していません。

【ライター:清水サーシャ】