(株)矢野経済研究所は、2011年度の住宅リフォーム市場規模について、前年比約3.1%増の6.1兆円と推計した。2011年上半期は、震災の影響もあり大きく需要を落としたが、その後夏ごろから回復し、下半期は昨年比10%以上の需要が発生、結果的に通年で前年対比増となった。
また2012年度については、太陽光発電システムをはじめとした「創エネ」関連、復興支援・住宅エコポイントによる「省エネリフォーム」などが牽引することで約2%増の6.3兆円と予測、10年後の2021年度は約22.7%増の7.5兆円まで拡大すると予測している。さらに今後の住宅リフォームのテーマとして、既存住宅を資産ととらえ、耐震性や省エネ性能の向上など「住み継ぐ」ためのリフォームという考え方が浸透するかどうかポイントであり、今はトレンドが大きく変わるターニングポイントになっていると指摘している。