トーソー(株)では、装飾性カーテンレール「コーディー19」、「レガート」新キャップ、カーテンアクセサリーなど、独自のアイデアでデザイン性、機能性、省エネルギー効果を高めた新製品を6月1日(金)に新発売する。

「コーディー19」は、積木のようなカラフルな木製キャップと丸みを帯びたフォルムが特徴の装飾カーテンレールで、子供部屋をはじめ、トレンドのシンプルナチュラルテイストにマッチしたデザインとなっている。またキャップカラーの変更が可能となっており、例えば子供の成長や好み、気分に合わせて、カラーを変えるなど楽しみながら長く使えるような工夫を取り入れた。
次に「レガート」の新キャップとして、「メタルRキャップ」を追加した。同キャップはランナーが通行するように設計されており、リターン縫製と同じような機能を付加、光漏れや省エネ効果を向上させた。
カーテンアクセサリーについては、リターン仕様のカーテンの裾部分を美しく仕上げるアイテムとして「リターンマグネット」を新発売する。壁面に本体を取り付けし、その本体とマグネットプレートとの間にカーテンをはさむことで、リターン仕様のスタイルを保持、光漏れを防ぐ。この他、ふさかけががなくてもカーテンを束ねることができると好評の「マグネットタッセル」に新デザインを追加した。「コーディー19」とコーディネート可能な2色(ホワイト、ブラウン)。