二股を“かける男”と“かけられる女”の特徴って?
Photo by Thinkstock/Getty Images

写真拡大

男とは昔からずるい生き物だ。「あの人が好きだけど、なんか様子が変かも?」
そんな風に思った経験はないだろうか?

隠さずとも筆者はある。顔もタイプだし、優しいし、毎日連絡をくれ、ロマンチックなこともしてくれるあの人。だけど家には女物のハブラシ、化粧落としがなぜかある。私との関係も浅くなくなった頃、問い詰めるとその人には彼女がいて、それを隠していた。終わりを告げると彼はこう言う。

「彼女とは別れるから」

結果的に筆者は二年待ち続け、もはや涙も枯れた。我慢の限界を超えた際に、彼女の下着をゴミ箱へ強制収容し、歯ブラシもへし折るというモンスター並みの狂気を発揮した。
(ちなみに彼女の下着は最悪の趣味で毛玉だらけだったため、さらに私の怒りを買った笑)

筆者のようにならないためにも見分け方を教えよう。

まず男の見分け方


・自信家のくせに劣等感が強い
・ブランドや肩書にこだわる
・短気
・友達は自分よりスペックの低い人を選ぶ
・物事にミーハー
・やたら容姿に自信がある
・小企業の会社勤めだが、聞いてもないのに契約してる大手の会社名を出す
・距離感大切とかいう割には、寂しがり屋
・粘着質
・ソーシャルストーカーをする
・ものすごい猫かぶりなため、周りからは「いい人」で通っている。
・「あれ俺がてがけた仕事」と街中でどや顔をする
・そもそもの根が性悪


筆者の親しい友人も二股をかけられていたのだが、驚くほど項目に当てはまるのだ。
虚栄心が強くプライドの高い男にはイエローカード。

二股をかけられる女はなぜか二股をかける男にハマる。
本人は気付いてないパターンがほとんどなので気をつけよう。

かけられる女に当てはまること


・男と付き合うと美意識が薄れる
・好きになった男に流されやすい
・平均体重より重め
・男を簡単に乗り換える
・連絡がマメじゃない
・浮気対策として男の家に必要以上の荷物を置く
・部屋を片せない
・毛玉だらけの下着など着古しの下着ばかり
・男の家に突如来る
・男の周りの友達を囲い込む
・結婚願望がやたら強い

もしあなたがこれに当てはまる箇所があるなら気をつけよう。二股をかけられやすい女になっている可能性が高くなる。

ちなみに筆者は最終的に人生初の罵詈雑言をその彼に浴びせられこっぴどい失恋をし、しばらく男性不信の波に揉まれたのだが、この項目に一つも当てはまらない人を選んで現在幸せ街道まっしぐらである。
一人でも多くの女性が男の甘い罠に騙されないように祈るばかりである。
(エルメス)