【カフェ動画】雨の日はカフェ日和 〜東京・つつじヶ丘 カフェ手紙舎  

写真拡大

今年のGWは雨つづきだったので、がっかりした人も多かったことだろう。しかしものは考えよう。雨、特に雨音には脳波をアルファ波に誘導する効果があるそうだから、まったりするのに雨は絶好の天気といえる。

そんなわけで、雨の日はカフェでのんびりした時間を過ごすのがいい。

東京・つつじヶ丘の『カフェ手紙舎』は、レトロな団地の敷地内にある、雰囲気の良い隠れ家的なカフェだ。
実は筆者も以前から懇意にさせていただいていて、これまでも『空気公団』や『John John Festival』などのPVを、店内や近辺で撮らせていただいた。つまり“絵になる”お店なのだ。

「カフェ手紙舎 豚バラと豆にこみ添えごはん」
http://www.youtube.com/watch?v=nB1XE5sZ_bc


作品中に登場するメニューは、「豚バラと豆にこみ添えごはん」。豚肉のバラ肉とレンズ豆、ひよこ豆、白インゲン豆を煮込んだものを十六穀米にかけた、素朴でこの上なく優しい味わいの一品。ブラジルやポルトガルなどで食べられているフェイジョアーダという豆を使った料理をアレンジしたものだそう。

[caption id="attachment_192" align="aligncenter" width="500" caption="豚肉のバラ肉と、レンズ豆、ひよこ豆、白インゲン豆を煮込んだものを、ごはんと一緒に食べます。ごはんは十六穀米。"]豚バラと豆にこみごはん[/caption]

古い木製の引き戸からは、柔らかい外光と雨音が心地よく店内に漏れてくる。
かすかに流れるボサノヴァと、どこまでもどこまでも優しく滋味深い料理。

「休日」が文字通り休む日のことを指すのなら、渋滞の高速道路でイライラするよりも、絶対にこっちのほうが正解なのだと思う。
あー、今から梅雨が待ち遠しいぞ!

カフェ手紙舎・店内


【手紙舎】

カフェと古本と雑貨のお店。調布パルコにはショップも展開している。母体となっている「手紙社」は、毎年「もみじ市」を主催していることで有名。

手紙舎のウェブサイト
http://tegamisha.com/

関連記事 「【ガジェ通TV】空気公団『まとめを読まないままにして』プロモーションビデオ」
http://getnews.jp/archives/129885

John John Festival / second star
http://www.youtube.com/watch?v=0rckV6O5GT4


【音楽】
Moon River (映画「ティファニーで朝食を」より)  by naomi & goro

naomi & goro 公式サイト
http://www.naomiandgoro.com/

【カメラについて】

今回の撮影では、Nikonがこの春に発売した「ニコン D4」を使用。筆者がビデオSALON(玄光社刊)のレビュー企画でライバル機との比較を行ったが、質感といい解像感といい、もっとも好感をもったのがこのカメラだった。デジタル一眼ムービー機としては、これまでCanonのEOSシリーズが独壇場ともいえる状態だったが、Nikon機が実力を上げてきたことでますます面白くなってきた。

D4とライバル機の比較記事の紹介
http://www.genkosha.com/vs/report/entry/eos_5d_mark_9.html

moeru