【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「モノポリー」

写真拡大

世界最高のボードゲーム!

(画像:YouTubeより)
(C)2003 HASBRO,INC.

「モノポリー」とは1935年にアメリカのチャールズ・ダロウ氏によって作り出されたボードゲームです。

ゲーム内容は、プレイヤーがサイコロを振ってボード上を移動し、そこにある土地や建物等を購入して不動産経営をしていき、最終的に資産を独占(モノポリー)したら勝利となるゲームです(「いただきストリート」と似ています)。

この「モノポリー」で最も面白い要素は「交渉」という要素です。

例えば、土地の権利書を他の方と購入して同じ色を独占すると建物を建設可能となりゲーム展開上、有利になります。しかしながら、相手方もゲームに勝つことを考えているのでなかなかうまくいきません。

そこで何とか相手に納得できる条件(現金や権利書の交換等)で権利書を購入や交換等をして揃えるのですが、これがアナログな展開となり毎回異なる(同じ相手でも毎回対応が変わる)ので技術的な向上と共に交渉術を身に付ける必要があるのです。
モノポリー


ちなみに「モノポリー」をプレイしたいけれど、人が集まらないという方も多いと思われます。

実は全国各地に「モノポリークラブ」というモノポリーをする集まりが毎月定例会として開催されています。

※南関東では常設で5か所あります。

また、モノポリー日本選手権が毎年開催されており、4年に1度世界選手権が開催されています。

※ちなみに世界チャンピオンには日本人も2人います。

モノポリーで夢を買いましょう!


【ライター:清水サーシャ】