「昼はお肌を守り、夜は潤いを与える」ケアの役割を知って上手な毛穴ケア

写真拡大

女性にとって美容に関する悩みは尽きないもの。特に気になるのが「お肌」に関すること。しみ、ニキビ、シワなど、人それぞれ違う“気になる所”を持っているんですよね。

いつも、ガジェット通信に美容情報をアドバイス、紹介いただいている美容家の田中愛さんが、読者から寄せられる色々なお肌の悩みに答える「田中愛の美肌相談室」をYouTube上でスタート。

第一回のテーマは、大人の女性が特に気になる「毛穴・たるみ」について。

毛穴が特に気になる箇所といえば小鼻。特にこれからの季節暑さで毛穴が開いて角栓がポツポツと目立ちがち……。かといって、10代の頃の様に強力サッパリな洗顔フォームでガンガン洗顔したり、毛穴パックで力づくなケアをしていては、大切なお肌の潤いも奪ってしまいます。

■毛穴を蒸気で開いて泡洗顔

「スチーマーがベストですが、蒸しタオルでも大丈夫なので、肌に蒸気をあてて毛穴を開いてから泡で汚れを落とします」と田中さん。ふわふわの泡で優しく汚れをかきだすので、お肌にも優しく、角栓の発生を防ぐことが出来ます。また「洗顔後の肌は無防備なので、美容液や乳液で保湿」も大切。

■たるみには顔筋マッサージで血行促進

加齢と共に気になってくるお肌のたるみ。正面からは普通でも、鏡で横から見るとアゴや頬のたるみにギョっとすることも……。たるみは、表皮の中の真皮の水分保持が低下する事が原因。スキンケアのついでに顔を優しくマッサージして、お肌の血行を良くしてあげましょう。

■昼と夜のケアの役割を考えよう

毛穴ケアというと、油をガッシリとる、さっぱりした“はがす系”の化粧水などを使うとイメージしがちですが、大事なのは紫外線などの刺激からお肌を守ること。そして潤い。「昼はお肌を守る。夜は清潔にして潤いを与える」という、ケアの役割を頭にインプットしておきましょう!

次回は、薄着の季節に気になる「デコルテニキビ」についてご紹介します。

ビナーレ代表 美容家 田中愛の美容メソッド
http://www.youtube.com/user/kireibinare

※画像は「美容家 田中愛の美肌相談室vol.1 毛穴タルミくすみに関してのご相談 」より引用。