「キム・テヒを広告に使用するな」脅した男が逮捕される 韓国では「男の主張は理解できなくもない」との意見も

写真拡大

韓国の女優キム・テヒを広告モデルに起用しているとして、大手製薬会社「ロート製薬」に降板させるよう脅した男が逮捕された。韓国でも複数のメディアが報じいるほか、ネット上には男の行動を非難する声が多数寄せられるなど注目が集まっている。

大阪府警捜査4課は10日、大阪に本社があるロート製薬を脅した容疑で、「在日特権を許さない市民団体(在特会)」のメンバー、西村斉容疑者(43)ら4人を逮捕した。男らは今年3月、同社を訪れて「キム・テヒを広告モデルに起用する理由はなにか」などと抗議。抗議の一部始終を撮影すると、動画をインターネット上に掲載し、同社に回答を強要した。男らは、「(キム・テヒは)竹島を韓国領土だと世界に宣伝している反日活動家」と主張し、広告から降板させるよう強く求めたという。

これについて、韓国のネット上には多くのコメントが寄せられた。

「キム・テヒを使うなだって?何を言ってるんだ?」
「韓国にも同じような団体がいるよね」
「キム・テヒ頑張れ!」
「韓国の島を自分の領土だと言ってなにが悪い」
「キム・テヒはなにか悪いこと言ったか?」
「できれば日本になんて行かないでほしい」
「こういう活動家がいるから日本が嫌になる」
「だがこの活動家の気持ちは分かる。逆に、独島を日本の領土だと主張している日本の俳優が韓国で活動したら気分が悪いじゃないか」
「日本は時々理解できない時がある」

当然のことながら、日本を非難するものが大半を占めたが、「逆の立場で考えれば男のとった行動は理解できる」といった意見もみられた。

参照:ハンギョレ新聞
参照:聯合ニュース

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。