最近降りまくってるヒョウ(雹)って実際何なの? 簡単に説明しちゃいます

写真拡大


さてお天気の勉強の時間ですよ。

今日、横浜辺りをゲリラヒョウ(雹)・雨・雷の3本立てが襲い、結構な混乱になっていたらしいですよ。横浜駅なんか浸水しちゃったみたいだし。Twitterでは「ヒョウの土砂降り」と表現されていましたね。

最近不安定な天気の時に、よくヒョウが降ってきますが、ヒョウって一体何モノなんでしょう? どうやって生成されるんでしょうか。
 

 

ヒョウとアラレ(霰)の違い


ヒョウってでかい氷の粒が空から降ってきますよね。じゃアラレは? 同じ空から降ってくる氷の粒ですよね?

実はちゃんと定義されていて、直径が5mm未満の氷の粒が「アラレ」で、5mm以上のものが「ヒョウ」と呼ばれているんです。


ヒョウってどうやってできるの?


春から夏にかけて、大気の状態が不安定になることが多く、それにより雲がもくもくと発達します。発達した雲と言うのは、内部に上昇気流も持つので、落ちて来た水や氷の粒がさらに上に押し上げられます。

それが繰り返される過程の中で、氷と氷がくっつき成長していき、上昇気流で押し上げられない程重くなり地上に落ちてきたものが、今日横浜を襲った「ヒョウ」なんです。

逆に冬は、比較的大気が安定しているので、上空の氷の粒が成長せずにそのまま落ちてきます。これがですね。冬以外だと、地表面が暖かいので、氷の粒が溶けて水になり、それが雨となって落ちてくるんですが、冬は地表面が冷えているので氷のまま落ちてくるんですねー。


天気記号


余談ですが、ヒョウとアラレを表す天気記号がこちらになります。ヒョウは中の三角形が黒くなっていて、アラレより邪悪でワイルドな感じに仕上がっていますねー。


というわけで、この季節、大気が非常に不安定なので折りたたみ傘を鞄に忍び込ませていて損はないと思いますよ。以上お天気の勉強タイムでした!


images by Thinkstock

[ 役立つ? お天気小話 ]

(河原田長臣)