はねプリ -羽根が生えてるアプリが欲しい!- 第16回『Paper by FiftyThree』

写真拡大

●『Paper by FiftyThree』ってどんなアプリ?

紙にスケッチするような気軽さで『iPad』に手書きできるアプリ、それが『Paper by FiftyThree』である。基本部分は無料で、それぞれ特徴をもった各ペンを別途購入することになる。センスの良い動画での機能紹介でも話題になった。評価時バージョンは1.0.12。無料。有料プラグインあり。

●アプリURL

http://itunes.apple.com/jp/app/id506003812?mt=8

●ひとことコメント
「うおおおお。すごいね、時間が巻き戻っていく」

レビュア
はぎ:IT業界をひっそりただよう39歳。東大中退。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。


ねり:はぎさーん!!『paper』って『iPad』のアプリ、知ってますか!?
はぎ:なんかすごい前のめりだな(笑)。絵を描くやつだっけ?『Twitter』で誰かがすごいって言ってたのを見たような。
ねり:これが、すーっごく気持ちいいアプリなのです!
はぎ:ほう。どのへんが良いの? というか、まず、何のアプリ?
ねり:『paper』はですね、いわゆるスケッチアプリです!
はぎ:なるほど。でもそういうのっていろいろあるよね? どこがほかのより良いの?
ねり:どこがいいかっていわれたら、それはもうインターフェースが良いのです!
はぎ:描いてて気持ち良い的な?
ねり:そうなんですよ! まず、起動するとゴムバンドで閉じる手帳のMoleskineのような本が何冊か並んでいるんです。そこで好きな本を選んで自分の好きなスケッチをしていくんですけど、本を開くと見開きのページが表示されて、ぱらぱらとめくるのも気持ちいいんですよね。
はぎ:なるほど、ただ、画面に描くだけじゃないんだ。
ねり:そうなんです、そのあたりのまっしろい四角の画面がただ表示されるアプリよりも気持ちが良くて。最初に入っているペン以外は有料なんですけど、ほかのペンも買ってしまいました(笑)。
はぎ:ああ、ペンを追加で買うようなシステムなんだね。
ねり:そうなんです、むしろ基本部分が無料なので驚きました。
はぎ:本体自体は無料なのか、すげえな。ちょっと、触らせてもらって良い(『iPad』持ってない)?
ねり:あ、どうぞどうぞ! なにより、そのペンの購入画面も気遣われていて……。
はぎ:あ、購入の画面で実際にペンを試せるのか。ああ、これは買うときに安心だねえ。いろんなペンがあるんだな。
ねり:そうなんですよ! こういうときに使えるのか、買っちゃおう! ってなっちゃってもう……。
はぎ:キミの目がハートになっているな(笑)。何のペンを買ったの?
ねり:ええと、“Write”というペン以外は買っちゃいました。自分の表現方法にあったペンを選べるのも良いですよね。まず、最初から入っているペンが“Draw”でこれは強弱の付いた線が描けます。
はぎ:ふむ、ああ、気持ち良いね。
ねり:次に“Sketch”で、これは鉛筆のような描き心地。デッサンのように重ねて描いたり、下書きにしたりいろいろ活用できます!
はぎ:かすれてくのか、なるほど。
ねり:“Outline”は、マーカーみたいなかんじ。色が重なったところは色が混ざります。ベン図とかで色を塗ってもきれいだし、黒は当たり前だけど色が混ざらないので縁取ってもキレイです。
はぎ:色が混ざるのは楽しいかもね。
ねり:あと“Color”ってペンは、水彩みたいですっごくきれいです。このペンも色も混ぜて使えるし、にじみ具合も心地良いです……!
はぎ:たくさんあるんだなあ、ペン。
ねり:最後にわたしが買っていないペンが“Write”ですね。これは細めのペンで文字を書いたりするのに向いてるって感じでしょうか。
はぎ:ほとんど全部買ったんだ(笑)。
ねり:ドキッ!
はぎ:いろいろ描けて楽しいけど、アンドゥはできないの? なんか機能を絞ってあるみたいだからできないのかな。
ねり:できますよ〜(ニヤニヤ)。
はぎ:お?
ねり:2本指で、反時計回りにくるくる円をかいてください!
はぎ:うおおおお。すごいね、時間が巻き戻っていく。あ、だから反時計回りなのかな。
ねり:このアプリ、メモもスケッチもなんだか気持ちいいんですよね!
はぎ:なるほどねえ。正直、紙に描けばいいじゃんと思わないこともないんだが(笑)。ま、僕、絵が下手だし……。
ねり:そんなことないですよー! 楽しいですよ!
はぎ:あ、でも、そうそう。紙が白じゃないのは面白いと思った。白で描いたときに、ちゃんと見えたから。なんか変な感想だけど(笑)。

はぎ:★★☆☆☆(綺麗だなとは思うけど、やっぱり紙の方が早い気がする)
ねり:★★★★☆(ちょっとしたアイデアをシェアするのも簡単! 電車の中で水彩絵の具は広げられれないですよ!)