「銀座の男市」初の女性向けオーダースーツ揃えて開幕

写真拡大

 松屋による紳士スーツの人気催事「『銀座の男』市」が、5月10日から5月22日まで開催される。初の試みとして「レディースパターンオーダースーツ」をモニター販売。高級紳士スーツで培ったノウハウを材料や仕立てに活かし、シルエットで女性らしさを出す。39,900円と45,150円の2種類で展開。秋の開催で本格スタートが予定されている。 銀座の男市にレディーススーツの画像を拡大

 松屋銀座で半年に一度行われる「銀座の男」市は、紳士スーツ担当バイヤーの宮崎俊一氏が監修する"価格を超えた高品質"のスーツが人気の催事。目玉企画の一つとして、以前から要望があったという「レディースパターンオーダースーツ」が初登場する。カラークロスを裏襟に縫い付けるなど、高級紳士スーツに使う素材や付属、仕立てを活用して高いクオリティを実現。また、立体的な丸みが生まれる毛芯(けじん)縫製を採用。裏地は吸水性に優れたキュプラにすることで、袖の短いカットソーの上に羽織っても心地良いように仕上げている。45,150円のスーツでは、しわになりにくいイタリア産生地を使用し、麻やコットンシアサッカー生地のジャケットパターンオーダーは34,650円から販売。表地は、スーツ向けに60種類とジャケット向けに20種類、裏地はパステルカラーを4種類、ボタンは蝶貝製を2種類が用意されている。 宮崎氏は、「総合職に就く女性が増えている中で、女性向けのスーツを購入できる場所が少ないという背景があった」とし、レディースのオーダースーツを開始。秋の本格スタートに向けて、レディース専用の素材のセレクトなども計画しているという。■「銀座の男」市 期間:2012年5月10日(木)〜 5月22日(火)※最終日17:30閉場 会場:松屋銀座8階 イベントスクエア    東京都中央区銀座3-6-1■レディースパターンオーダースーツ 価格:¥39,900、¥45,150 サイズ展開:5号〜17号 ※プラス12,600円でスカートとパンツ両方オーダー可能。