ついに8月11日、UFC150で戦うことが正式決定したベンソン・ヘンダーソン×フランク・エドガー2。同大会では岡見勇信も出場するので、日本でも注目度の高いイベントとなりそうだ。写真は2月のUFC JAPANの公開計量時のもの

写真拡大

UFC世界ライト級選手権試合、王者ベンソン・ヘンダーソン×挑戦者フランク・エドガーの一戦が、8月11日(土・現地時間)にコロラド州デンバーのペプシ・センターで行われることが正式決定した。

9日(水・同)にズッファから、前夜8日のUFC Tonight内でダナ・ホワイトが、両者の対戦をUFC150で組むと言明したことを受けて、この日に正式発表となった。

また、同リリースでは同日、カルガリーで開かれたUFC149(※7月21日、カナダ・アルバータ州カルガリー、スコシアバンク・サドルドームで開催)記者会見で、UFC世界フェザー級選手権試合王者ジョゼ・アルド×挑戦者エリック・コクの一戦、マウリシオ・ショーグン×チアゴ・シウバのライトヘビー級マッチがアナウンスされたことも記されている。

なおUFC149会見ではUFCカナダのトム・ライトより、現在16連勝中(※通算戦績16勝1敗)のアルバータ州在住ファイター=ライアン・ジモーが、アンソニー・ペロッシュとUFCデビュー戦を行うという紹介もあった。ジモーはTUF8のイリミネーション・ラウンドでアントワン・ブリットに敗れ、ハウス入りを逃した経験を糧に、その後はマービン・イーストマンやウィルソン・ゴヘイア、ティエリー・ソクジュらUFCベテランを破っている。
決定分対戦カードはコチラ